【無料視聴】「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 2009年公開の日本映画。監督は『サイドカーに犬』の根岸吉太郎、脚本は『最後の忠臣蔵』の杉田成道。太宰治の同名作品を基に、気ままに生きる小説家と彼を愛し続けた一人の女の姿を描いた。出演は『夢売るふたり』の松たか子、『沈黙-サイレンス-』の浅野忠信、『小さいおうち』の室井滋など。ライティングが美しい作品。ジャンルは人間ドラマ。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1940年代。戦後間もない東京。自称小説家の大谷(浅野忠信)は、飲み屋の椿屋で酒代を踏み倒し、さらに店から五千円をかっぱらった。そんな大谷を追って、飲み屋の主人、吉蔵(伊武雅刀)とその妻の巳代(室井滋)は彼の家にやってきていた。
 
 大谷は言い逃れできないと悟ると、ゴネて二人と言い争いを始める。それを聞きつけた大谷の妻、佐知(松たか子)は止めに入るが、大谷はバツが悪くなってその場から逃げ出してしまう。
 
 翌朝、佐知は警察沙汰を避けようと椿屋に向かい、ことを収めようとする。大谷のためならと、佐知は椿屋で働くことで、彼のツケと過ちを帳消しにしてもらうことにするのだった。
 
 ところが、佐知が働き始めてからというもの椿屋は大繁盛。彼女の明るさとその人柄は多くの人々に愛されるようになっていく。チップをもらった佐知は改めて自分の価値に気づき、驚きを隠せない。
 
 その一方、大谷は相変わらず自堕落な生活を続け、借金や浮気を繰り返していた。
 
 彼は、ふと帰ってきたかと思えば、不安に駆られて佐知を求め、気がすむとまたフラフラと出て行ってしまうのだった。しかし、佐知は大谷がたまに椿屋に遊びに来てくれることを嬉しく思っていた。
 
 だが、やがて椿屋の常連の工員、岡田(妻夫木聡)が、甲斐甲斐しく働く佐知に好意を持つようになっていき、佐知がかつて想いを寄せていた弁護士の辻(堤真一)も、店に姿を見せるようになる。
 
 ところが、大谷はそんなことはつゆ知らず、またもやバーで働く秋子(広末涼子)とどこかに消えてしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 根岸吉太郎
 

【出演俳優】

 松たか子
 浅野忠信
 室井滋
 伊武雅刀
 光石研
 山本未來
 鈴木卓爾
 小林麻子
 信太昌之
 新井浩文
 広末涼子
 妻夫木聡
 堤真一
 
 
 
★ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ★【tudou】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

・【tudou】の動画は、しばらく待っていると自動的に再生が始まるよ!
 
 
 


 
 
 

 

タグ :   

無料動画・あ行

この記事に関連する記事一覧