【無料視聴】「明日への遺言」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「明日への遺言」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『明日への遺言』は2008年に公開された日本映画。監督、脚本は『博士の愛した数式』の小泉堯史で、『STAR SAND -星砂物語-』で監督デビューしたロジャー・パルバースが脚本に参加している。戦犯裁判をテーマにした物語で、自ら戦争責任を問われた東京裁判で被告になりながらも、自らの責任を認めつつ、戦勝国のアメリカであっても問われるべき責任があると、自らの信念を貫き通した陸軍中将の姿を描いた人間ドラマ。ドラマ『必殺仕置人』で知られる藤田まことがこの元陸軍中将役を演じている。共演に西村雅彦、蒼井優など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1945年5月、終戦間近。名古屋は大規模な空襲を受け、市街地の八割が焼け野原となる。
 
 そんな中、パラシュートで降下してきた米兵を捉えた日本軍は、略式裁判を経て、処刑を行う。
 
 それから三年が経過した1948年3月。この処刑を指示した元東海軍司令官で中将、岡田資(藤田まこと)を筆頭に戦犯裁判が行われていた。検察側の証人には、杉田中将(児玉謙次)、武藤少将(松井範雄)らが並んでいた。
 
 旧日本陸軍法務最高責任者である杉田は、正式な裁判を経ていない処刑は殺人行為であると主張する。そして自らが率いた法務局は事件に関与していないと証言。
 
 一方、武藤少将は裁判に先立ち、自ら書き上げた報告書を提出し岡田中将への責任を追及する。
 
 岡田中将の妻、温子(富司純子)はその様子を見つめることしかできなかった。
 
 検察側の主張に対し弁護側の証人、守部和子(蒼井優)は、通勤中に米軍の攻撃を受け同僚や友人たちを亡くしたことを明かす。米軍の無差別攻撃がいかに残忍なものであったかを和子は語った。
 
 これに対し、検察側は本件とは関連性がないと反論するが、名古屋周辺には軍需施設が少ない事実も相まって証言として認められることとなる。
 
 一方、孤児院を運営する水谷愛子(田中好子)は、空襲の中、孤児たちを守ろうと必死に奔走したことを話す。
 
 そして、弁護人のフェザーストン(ロバート・レッサー)は、市街地への無差別爆撃は国際法違反に当たると主張した。
 
 検察官のバーネット(フレッド・マックィーン)は、これに反論するが、反対尋問として認められることはなかった。
 
 そして、いよいよ岡田中将への直接尋問が始まろうとしていた…。
 
 
 


 
 

【監督】

 小泉堯史
 

【出演俳優】

 藤田まこと
 ロバート・レッサー
 フレッド・マックィーン
 リチャード・ニール
 西村雅彦
 蒼井優
 田中好子
 児玉謙次
 頭師佳孝
 松井範雄
 金内喜久夫
 加藤隆之
 近衛はな
 斎藤文
 俊藤光利
 中山佳織
 鳥木元博
 山本優
 関貴昭
 志村史人
 原田琢磨
 小豆畑雅一
 外園大
 川又シュウキ
 高義治
 石井揮之
 井上浩
 小野孝弘
 喜安浩平
 佐々木一平
 長塚道太
 飛田敦史
 徳原晋一
 安住啓太郎
 高世耕平
 綱島郷太郎
 牧村泉三郎
 ふるたこうこ
 塩田宇宙
 大野慶太
 上杉陽一
 坂東工
 嶋田翔平
 村上真介
 森田雄人
 イアン・ムーア
 グレゴリー・ペッカー
 エドワード・パパジアン
 ジョン・ミッチェル
 ローラ
 デニス・ガン
 ジャスティン・デイビス
 ジョン・T・ランキン
 マーカス・ザトラー
 アルフレッド・エスピノザ・バルデス
 グレゴリー・ガーヴィル
 マキシム・コレスニク
 ティム・ウェラード
 オレーシャ・ヤマザキ
 マーク・ヒル
 アレク・マコーレー
 ウェズリー・H・ソーパー
 サンドラ
 富司純子
 
 
 
★明日への遺言★【youtube】
★明日への遺言★【youtube】
★明日への遺言★【tudou.com】
★明日への遺言★【youku.com】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!
     ↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・あ行

この記事に関連する記事一覧