【無料視聴】「解夏(げげ)」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「解夏(げげ)」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 2004年公開の日本映画。さだまさしが書き上げた小説を基に、ピンク映画出身の磯村一路が映画化。突然難病を宣告された主人公が、恋人や周囲の人々と接しその暖かさに触れていく。主観の視点が変わることで当たり前だと思っていた風景がガラリと変わる様を繊細に描いている。出演は大沢たかお、石田ゆり子など。ジャンルは人間ドラマ。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 長崎県、長崎市。季節は春。高野隆之(大沢たかお)は、他界した父の三回忌で、母の聡子(富司純子)と共に墓参りにやってきていた。隆之は、ほんの数ヶ月前まで小学校の教諭を務めていた。
 
 彼が担任していたのは、当たればラッキーという良いクラスだった。しかし、ある日、目の不調を感じ病院を訪れた彼は、難病であるベーチェット病であると宣告される。この病気は、治療法がなく、いずれは失明してしまうという事実を彼は突き付けられたのであった。
 
 その後、東京に行き、幼馴染の医師、清水博信(古田新太)に相談するものの、やはり手立てはないまま。ストレスが溜まり、生徒たちに襲われるという悪夢にうなされる日々を過ごす隆之は次第に憔悴していく。
 
 学期が変わる頃に彼は辞職を決意し、それを恩師である朝村健吉(林隆三)に報告する。そして交際中の彼の娘、陽子(石田ゆり子)とも別れようと思っていることを打ち明ける。ネパールで教育学を学ぶ陽子に、迷惑をかけたくなかったのだ。
 
 隆之は目が見えるうちに長崎の街を脳裏に焼き付けようとしていた。
 
 辞職し、帰って来た隆之を、聡子と姉の玲子(石野真子)は暖かく出迎える。幼い頃過ごした場所を巡り、友人の松尾(田辺誠一)と顔を合わせ、昔話をする。
 
 しかし、隆之の病を知った陽子は急遽帰国してくる。実家にとどまり、自身の論文を書きながら隆之に寄り添う陽子。彼女は、隆之が日に日に視力を失っていくのを感じていた。
 
 そしてある日、二人は、訪れた寺で老僧の林(松村達雄)から「解夏」の話を聞かされることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 磯村一路
 

【出演俳優】

 大沢たかお
 石田ゆり子
 富司純子
 松村達雄
 林隆三
 田辺誠一
 古田新太
 柄本明
 渡辺えり
 鴻上尚史
 石野真子
 
 
 
★解夏(げげ)★【bilibili】
★解夏(げげ)★【tudou】
★解夏(げげ)★【daily①】【②】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

・【tudou】の動画は最初に60秒の強制広告が入るけど、ちょっと我慢してね!
 
 


 
 
 

 

タグ :   

無料動画・か行

この記事に関連する記事一覧