【無料視聴】「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『島々清しゃ』は、2017年に公開された日本の映画。監督は『LOVE/JUICE』でデビューした新藤風。『ホテル・ハイビスカス』や『楽隊のうさぎ』で音楽監督を務めた磯田健一郎によるオリジナル脚本で、沖縄の離島を舞台にして、主役の安藤サクラ演じるバイオリンのソリストと絶対的な音感を持つひとりの少女とのひと夏の出会いと交流を描いた人間ドラマ。共演は伊東蒼など。ジャンルは音楽、人間ドラマ。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 沖縄県の慶良間諸島。沖縄本島の西に位置する慶良間では、毎日のように米軍機が空を飛び交っていた。
 
 慶良間のある島で暮らす花島うみ(伊東蒼)は、三味線の名手である祖父の晶栄(金城実)と暮らしていたが、この日、彼女は米軍機の音に異変を感じて声を上げた。すると、間もなくして機体は海面に不時着し、大きな水柱を立てることになる。
 
 うみは、絶対的な音感を持ち主であり、それがあまりにも鋭いがゆえに日常生活にも支障をきたしていたのだ。
 
 そんな彼女は、あらゆる音に反応してしまうため、いつも黄色いイヤーパッドをつけていた。
 
 ところが、そんなある日、東京からコンサートを行うため、バイオリニストの北川祐子(安藤サクラ)が慶良間へとやってくる。彼女は、うみが通う学校でコンサートを行うことになったため、この日、下見にきていたのだ。
 
 裕子が音楽室へ向かうと、そこでは吹奏楽部の練習が行われていたが、ここでも、うみは揉め事を起こしていた。トランペットのチューニングが狂っているのが我慢ならなかった彼女が思わず手を上げてしまったのだ。
 
 そんなうみが、音程のことを慶良間の方言で「ちんだみ」と言っていたのをきっかけにして、裕子はうみに興味を示すようになり、うみもまた、バイオリニストである裕子に惹かれ、バイオリンを演奏して欲しいと彼女にせがむようになる。
 
 生徒たちの声が飛び交う学校の体育館はうるさいことから、二人は静かな海岸を訪れると、裕子はバッハの「G線上のアリア」を弾きはじめた。
 
 これを聞いていたうみは、裕子の奏でるバイオリンの音に聴き惚れ、波の音と同じだという。
 
 そこで、続いて、裕子が民謡の「谷茶前」を弾くと、うみは「ちんだみ」が狂っていると言い出した。
 
 すると、うみは、裕子を連れて自宅に戻ると、晶栄(金城実)と引きあわせる。そして、うみにねだられた晶栄は、少し照れながらも三線で「谷茶前」の弾き語りを始めた。
 
 それを聴いた裕子は、バイオリンにはない、沖縄独特の音色に魅了される。
 
 そして、この翌日、学校では、うみとトランペット担当の幸太(富沢そら)との「ちんだみ対決」が行われることになるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 新藤風
 

【出演俳優】

 伊東蒼
 安藤サクラ
 金城実
 山田真歩
 渋川清彦
 
 
 
★島々清しゃ(しまじまかいしゃ)★【9tsu.com】
★島々清しゃ(しまじまかいしゃ)★【openload】
★島々清しゃ(しまじまかいしゃ)★【openload】
★島々清しゃ(しまじまかいしゃ)★【vidoza.net】
★島々清しゃ(しまじまかいしゃ)★【streamango】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!
     ↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・さ行

この記事に関連する記事一覧