【無料視聴】「となり町戦争」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【邦画無料視聴】「となり町戦争」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 2007年公開の日本映画。すばる新人賞受賞作家、三崎亜記の同名小説を『舟を編む』で脚本を務めた渡邉謙作が映画化。地方都市を舞台に、行政事業として行われる町対町の見えざる戦争を描いた。主演は江口洋介。共演は原田知世、瑛太など。不条理で切ないストーリーだが、そこに確かな温かみを感じる。ジャンルはシュールドラマ。

 
 
 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 
 
 

【映画のあらすじ】

 北原修路(江口洋介)は旅行会社ツーリストスカイで働くサラリーマン。移り住んだ舞坂町での暮らしにも慣れ、のんびりとした町の空気が好きになっていた。自由気ままな一人暮らしを送る北原。
 
 ある夜、ポストに入っていた町の広報誌『広報まいさか』に奇妙な欄を見つける。町民税の納期など町からのお知らせと並び、「舞坂町はとなり町の森見町と戦争をします」と記載されていた。そして「開戦日は5月7日。終戦予定は8月31日」と記されており、開戦は翌日に迫っていたのだ。
 
 北原は内心ドキドキしながら車で通勤する。しかし、道路や町の様子も至って変わらない。通勤途中に聞いているラジオからも戦争に関する情報は得られなかった。出勤した北原はいつもの様に上司の田尻(岩松了)や同僚の本田(小林麻子)らとのんきな職場を楽しんでいた。そして修学旅行の問い合わせを受けた北原は、森見町にある学校へ向かう。町の境を気にする北原だったが、特に変化もなく、学校との打ち合わせも無事に終了する。
 
 開戦から数日後。北原の携帯に対森見町戦争推進室の香西(原田知世)と名乗る女性から着信が入る。なにやら辞令が交付されるとのことだが、その事務的な口調に北原は事情が飲み込めずにいた。だが、たまたま目にした『広報まいさか』にはなんと「開戦からの合計戦死者12名」と書かれていた。帰宅した北原は投函されていた辞令交付書を目にする。そこに異常なものを感じた北原は直接香坂から話を聞こうと車を走らせる。そして…!?
 
 
 


 
 

【監督】

 渡邉謙作
 

【出演俳優】

 江口洋介
 原田知世
 瑛太
 菅田俊
 飯田孝男
 小林麻子
 柴本幸
 余貴美子
 岩松了
 
 
 
★となり町戦争★【youku】
★となり町戦争★【bilibili】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

・【youku】はしばらく待っていると、自動的に再生が始まるよ!
・【bilibili】は動画が表示されてから画面右下または左下のマークをクリックすると再生が始まるよ!
 
 
 


 
 
 

 

タグ :   

無料動画・た行

この記事に関連する記事一覧