【無料視聴】「帝一の國」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「帝一の國」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『帝一の國』は、2017年に公開された日本の映画。『ライチ☆光クラブ』などを手がけた古屋兎丸の漫画作品を映像化したもので、メガホンを取るのは『世界から猫が消えたなら』でヒットを記録した永井聡。全校生徒800人の日本で最高峰の超名門高校を舞台にして、日本の最高権力者といえる内閣総理大臣になることを夢見る少年たちが、その前哨戦としての生徒会長の座をめぐり熾烈な戦いを繰り広げる姿を描いた学園ドラマ。出演は菅田将暉、竹内涼真、野村周平など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 赤場帝一(菅田将暉)は、通産省の閣僚である譲介(吉田鋼太郎)を父に持ち、幼いころから徹底したエリート教育を受けてきた。
 
 やがて彼は、エリート中のエリートが集まる日本一の進学校である海帝高校へと進学することになる。
 
 中高一貫教育が行われる海帝高校は、全校生徒800名で、第二次世界大戦前、海軍将校を育成していた学校で、多くの卒業生が政界に進出していたこともあり、この学校の関係者の多くは政界に強いコネクションを持っていた。
 
 そんな帝一の夢は、日本の最高権力者とも言える内閣総理大臣になることであり、この夢を叶えるためには、高校時代から有力な人脈を育てておく必要があった。
 
 海帝高校の生徒会は、数々の著名な政治家を輩出してきており、日本の政界の将来を担う人材の宝庫といえるほど、政界に有力なコネクションを持つ家柄の子息が集まっていた。
 
 そこで、帝一は、自らの目指す内閣総理大臣になるための足掛かりとして、まずは、海帝高校の生徒会長になることを目指すことにした。
 
 入学直後の帝一にとっては、生徒会長に立候補するのは2年後になるが、選挙で必ず勝つためには、入学当初からの入念な根回しが欠かせないと考えていた。
 
 そして、帝一と同じ学年のエリートたちも、生徒会長選挙に向けて闘志を燃やしていた。
 
 おかっぱ頭にメガネが特徴的な東郷菊馬(野村周平)もその一人であり、彼の父親が、かつて帝一の父である譲介と生徒会選挙で争ったこともあり、帝一は、なんとしてでも菊馬に勝つためにいろいろと策を練っていた。
 
 そして、生徒会選挙に立候補するためには、学内にある評議会へ入る必要があり、この評議会に入るためには、学級委員長か副学級委員長になる必要があった。
 
 帝一は、父譲介が学園に多額の寄付をしていたこともあり、無事に学級委員長に選出されることになる。
 
 そして、何とか評議会へ加わることができた帝一であったが、評議会入った彼を待ち受けていたのは、菊馬を初めとする個性的な面々だった。
 
 とにかくまっすぐな性格の大鷹弾(竹内涼真)やド派手な金髪の氷室ローランド(間宮祥太朗)、そして謀略に長けた策士の森園億人(千葉雄大)などに囲まれながらも、彼は必死に、生徒会選挙への地盤を作っていくのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 永井聡
 

【出演俳優】

 菅田将暉
 野村周平
 竹内涼真
 間宮祥太朗
 志尊淳
 千葉雄大
 永野芽郁
 鈴木勝大
 萩原利久
 岡山天音
 三河悠冴
 井之脇海
 木村了
 榎木孝明
 山路和弘
 真飛聖
 中村育二
 吉田鋼太郎
 
 
 
★帝一の國★【9tsu】
★帝一の國★【vidoza】
★帝一の國★【openload】
★帝一の國★【openload】
★帝一の國★【openload】
★帝一の國★【streamango】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!
     ↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・た行

この記事に関連する記事一覧