【無料視聴】「博士の愛した数式」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【邦画無料視聴】「博士の愛した数式」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 2006年公開の日本映画。監督は黒澤明の助監督を務めていた小泉堯史。小川洋子の同名小説を映画化した。わずかな時間しか記憶が持たない数学者と、彼に寄り添う家政婦の心の触れ合いを描いた。主演は寺尾聰。共演は深津絵里、吉岡秀隆など。第一回本屋大賞を受賞した原作を見事に膨らませている。ジャンルは人間ドラマ。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 ある中学校の新学期。ルートというあだ名で呼ばれている数学教師(吉岡秀隆)は生徒たちからなぜそんなあだ名が付いているのかと尋ねられ、その経緯と数学が好きになった理由、そしてなぜ教師を目指したのか話し始める。
 
 19年前。まだ10歳のルートは女手一つで育てられていた。彼の母は家政婦(深津絵里)。父親は訳ありで結婚することができなかったのだ。
 
 母は若くから仕事を始めたのでもうすでにベテラン。明るい性格で評判のいい彼女を、家政婦紹介所所長(井川比佐志)も気に入っていた。
 
 ある日、家政婦は所長からある博士(寺尾聰)のところに行ってくれないかと依頼される。
 
 家政婦がやってきたのは緑豊かな郊外の一軒家。手入れの行き届いたその家の離れに博士は住み、母屋には博士の義理の姉である未亡人(浅丘ルリ子)が住んでいた。
 
 家政婦の就業時間は11時から19時まで。雇い主である未亡人からは、博士の身の回りの世話をするだけでいいが、離れと母屋を行き来しないで欲しいと言われていた。
 
 こうして、博士と家政婦は同じ屋根の下で過ごすようになる。
 
 だが、なんと博士は記憶が80分しか持たないという障害を抱えていた。
 
 何度自己紹介をしてもまた、「はじめまして」。博士はスーツにたくさんのメモをしまい込み、失われていく記憶をなんとか繋ぎとめようとしていた。
 
 そして家政婦に息子がいることを知った博士は「かわいそうだからここに連れて来なさい」と言う。
 
 翌日、博士と顔を合わせたルートは「君は頭のてっぺんが平らだから√だな」と言われ、博士からあだ名をつけられる。そして…!?
 
 
 


 
 

【監督】

 小泉堯史
 

【出演俳優】

 寺尾聰
 深津絵里
 齋藤隆成
 井川比佐志
 頭師佳孝
 伊藤絋
 かな島成美
 観世銕之丞
 吉岡秀隆
 浅丘ルリ子
 松田弘之
 大倉源次郎
 亀井広忠
 清水寛二
 西村高夫
 岡田麗史
 
 
 
★博士の愛した数式★【bilibili】
★博士の愛した数式★【bilibili】
★博士の愛した数式★【pandora】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

・【pandora】はしばらく待っていると、自動的に再生が始まるよ!
 
 
 


 
 
 

 

タグ :   

無料動画・は行

この記事に関連する記事一覧