【無料視聴】「星守る犬」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「星守る犬」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 2011年公開の日本映画。監督は『脳男』や『グラスホッパー』で知られる瀧本智行。脚本は『テルマエ・ロマエ』や『ビリギャル』を手がけた人気作家、橋本裕志。村上たかしの人気マンガ作品を映像化し、全てをなくした男と飼い犬との旅を描いた。出演は『釣りバカ日誌』でおなじみの西田敏行、『ルパン三世』の玉山鉄二など。とにかく泣ける人間ドラマ。主題歌の平井堅の「夢のむこうで」も泣ける!

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 奥津京介(玉山鉄二)は、名寄市役所の福祉課で働く青年。彼は9歳のころ、交通事故で両親を亡くし北海道に住む祖父祖母の家に引き取られた。
 
 そんな彼は、図書館に通い、両親不在の寂しさを紛らわしながら成長していく中で、黒い子犬のクロと出会うのだった。
 
 成長した京介は、白いフォルクスワーゲンに乗り、子供の頃から通っていた図書館に本を返すと、市役所へ向かう。そんな京介は同僚から遊びに誘われても「本の世界の方が刺激的」だと言って誘いを断ってしまう。
 
 そんな中、市役所の近くに放置された車の中から白骨死体が発見される。知らせを受けた京介が向かうと、そこにはくたびれたワゴン車と木で作られた十字架があった。
 
 ワゴン車のフロントガラスには、小さな犬のマスコットがぶら下げられており、そのマスコットには糸で文字が縫われていたが、消えていて読むことができなかった。
 
 発見された白骨死体は50代から60代の男性のもの。それに、まだ息を引き取ったばかりの白い犬が寄り添っていたという。
 
 話しを聞いた京介は、幼かった頃に、ともに育ったクロのことを思い出していた。
 
 この白骨死体の男性は、いったいどんな人生を生きたのだろう。京介は、男性と犬の足取りを追う旅に出ることを思い立ち、役所に休みを申し出る。
 
 そして、京介はワゴン車の中に残されていたレシートを頼りに、リサイクルショップやコンビニを訪れていくうちに、ついに東京までやってきてしまう。
 
 しかし、土地勘のない彼は道に迷ってしまうが、偶然オーディション会場になっているビルの近くでひとりの少女(川島海荷)と出会う。
 
 この少女は、北海道の旭川からオーディションに参加するために、はるばる東京までやって来ていた。
 
 京介は、事情を聞いて、彼女を旭川まで送り届けることにし、その後、京介は、この少女と二人で旅をすることになる。
 
 ところが、そんな京介の前に、あのワゴン車とよく似た車に秋田犬が乗っているのを目にし、彼は気になって後をつけていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 瀧本智行
 

【出演俳優】

 西田敏行
 玉山鉄二
 川島海荷
 余貴美子
 温水洋一
 濱田マリ
 塩見三省
 中村獅童
 岸本加世子
 藤竜也
 三浦友和
 
 
 
★星守る犬★【bilibili】
★星守る犬★【bilibili】
★星守る犬★【bilibili】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

・【bilibili】動画を見るには、画面下の左右にある再生マークをクリックしてね!
 
 
 


 
 
 

 

タグ :   

無料動画・は行

この記事に関連する記事一覧