【無料視聴】「武曲 MUKOKU」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「武曲 MUKOKU」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『武曲 MUKOKU』は、2017年に公開された日本の映画。監督は『海炭市叙景』や『夏の終り』で知られる熊切和嘉。藤沢周の同名小説をベースにして、かつて本気で剣道に打ち込み、剣道五段の腕前を持ちながらも、とある出来事をきっかけにアルコール依存症に陥り、自堕落な生活を送るひとりの男性の前に、ラップ好きな高校生が現れ、互いに剣士として腕を磨き、本気でぶつかり合う姿を描いた人間ドラマ。出演は綾野剛、村上虹郎、前田敦子、小林薫などで、クライマックスの決闘シーンは思わず息を飲んでしまうほど迫力十分。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 神奈川県の鎌倉市。この町に住む矢田部研吾(綾野剛)は、いつしか酒浸りの毎日を送っていた。
 
 髪と髭は伸び放題となり、仕事はビルの警備員をしながら、まるで自分を責めているような、ひどい暮らしをしていた。
 
 しかし、そんな彼も、かつては、剣道に真剣に打ち込み、剣道五段の腕前があって、将来を渇望された剣士のひとりであった。
 
 研吾は、幼い頃から、剣道の師範として尊敬を集める父の将造(小林薫)に鍛えられ、メキメキと腕を上げていった。
 
 しかし、将造は師範としては一流だったが、父親としては最低であり、酒に溺れると、研吾に暴力を振るうこともしばしばあった。
 
 将造の指導は、とてもスポーツと言えるものではなく、まるで果し合いのような緊迫感のあるものだった。
 
 そんな将造に鍛えられた研吾の試合に対する姿勢は、他の道場の剣士と大きく違っており、一切の妥協を許さない凄みのあるものであり、やがて、研吾は、剣士として注目を集めるようになっていく。
 
 ところが、そんなある日、研吾は、酔った将造に絡まれ、二人は口論を交えることになる。やがて、二人は木剣を取り、そのまま立ち会いが始まった。しかし、すでに父親を超える実力を身につけていた研吾が鋭い面を打ち込むと、将造は頭蓋骨を割られ、植物人間状態に陥ってしまう。
 
 このことをきっかけにして、研吾は、自分の行動と剣道が恐ろしくなり、この日を境に、彼は剣を捨てることを決める。
 
 その後、彼は、父親を植物人間にした自責の念にかられ、女将の三津子(風吹ジュン)がいる店で酔いつぶれるようになっていく。
 
 一方、研吾のもう一人の師であった光邑雪峯(柄本明)は、ある日、ラップに打ち込む高校生の羽田融(村上虹郎)と出会った。
 
 光邑は、剣道部員に絡まれていた融を助けた際、融の中に、ただならぬ才能を感じる。
 
 これまで剣道をやったことのなかった融であったが、光邑との出会いによって、剣士として鍛えられ、剣道の魅力にとりつかれていく。
 
 その後、光邑を介し、研吾と融は出会うことになるが、そんな二人は、出会って早々、本気の立ち会いを始めてしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 熊切和嘉
 

【出演俳優】

 綾野剛
 村上虹郎
 前田敦子
 片岡礼子
 神野三鈴
 康すおん
 風吹ジュン
 小林薫
 柄本明
 
 
 
★武曲 MUKOKU★【9tsu】
★武曲 MUKOKU★【openload】
★武曲 MUKOKU★【openload】
★武曲 MUKOKU★【vidoza.net】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!
     ↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・ま行

この記事に関連する記事一覧