【無料視聴】「夜空はいつでも最高密度の青色だ」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「夜空はいつでも最高密度の青色だ」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『夜空はいつでも最高密度の青色だ』は、2017年に公開された日本の映画。注目の作家、最果タヒの同名詩集を原作した作品で、現代の東京に自らの居場所を見つけられずにいるひとりの男性と女性が出会い、しだいに希望を見出していく姿を描いた人間ドラマ。主演は『裏切りの街』の池松壮亮と、原田美枝子と石橋凌の実子である石橋静香。共演には松田龍平、田中哲司、三浦貴大、佐藤玲など。画面の色彩や劇中歌も魅力的な作品となっている。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 大都会東京。看護師として働く美香(石橋静河)は、この町で生きていることの実感が持てずにいた。
 
 職場では、日々、誰かが亡くなり、その家族が泣き崩れる姿を目の当たりにするが、東京の街々は、そんなことはお構いなしに胎動していた。
 
 通勤中の人々は、誰もがスマートフォンに見入り、同僚達は誰もがやるせなく見えた。
 
 また、彼女には交際していた牧田(三浦貴大)という男がいたが、優秀で気立ても良かった彼が、他の女と浮気したことで美香は見下げ果てていた。
 
 一方、日雇い労働で食いつなぐ青年の慎二(池松壮亮)は、左目がほとんど見えないというハンデを抱えていた。
 
 しかし、慎二は、同僚の智之(松田龍平)や岩下(田中哲司)、そして出稼ぎのアンドレス(ポール・マグサリン)に囲まれ、マイペースながらも日々を無事にやり過ごしていた。
 
 そんな慎二の日課は、仕事が終わればアンドレスの仲間が借りているマンションの一室で音楽をかけ、盛り上がることであった。
 
 ある日、看護師の仕事を終えた美香は、私服に着替え、自転車でガールズ・バーに向かう。彼女は、昼と夜のダブルワークをこなしていたのだ。
 
 バーの方でも、控室にいる人たちは愚痴にまみれ、この中でも美香は浮いた存在であった。
 
 そんなある日、智之と岩下に誘われた慎二がバーに来店して来た。美香は3人のカウンターにつき、酒を作りながら話に付き合っていく。
 
 そんな中、智之は堂々と美香に連絡先を聞こうとするが慎二がそれをたしなめていた。だが、帰り際、智之はちゃっかりと美香と連絡先を交換していた。
 
 それから数日後。慎二が、居酒屋で、ひとり文庫本を読みふけっていると、偶然にも、離れた席には美香の姿があった。
 
 彼女は最近知り合った同年代の男達と店を訪れており、軽い女だと思われることに苛立っていた。二人は一瞬目を合わせるものの、美香は声をかけることなく去っていく。
 
 ところが、その後、人身事故で電車が遅れていたことから、歩いて帰ることにした慎二は、再び、美香とばったりと出会うことになる。
 
 「どうでもいい奇跡だね」という美香は、その後、空を見上げ、月の青さに驚いていた。
 
 彼女が見上げた後、一緒に月を見た慎二が「いやな予感がする」と言い放った。
 
 その後、美香と別れた慎二であったが、彼の予感は、その後、的中してしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 石井裕也
 

【出演俳優】

 石橋静河
 池松壮亮
 佐藤玲
 三浦貴大
 ポール・マグサリン
 市川実日子
 松田龍平
 田中哲司
 大西力
 野嵜好美
 
 
 
★夜空はいつでも最高密度の青色だ★【eyny】
★夜空はいつでも最高密度の青色だ★【eyny】
★夜空はいつでも最高密度の青色だ★【openload】
★夜空はいつでも最高密度の青色だ★【openload】
★夜空はいつでも最高密度の青色だ★【openload】
★夜空はいつでも最高密度の青色だ★【openload】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!
     ↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・や行

この記事に関連する記事一覧