【無料視聴】「1999年の夏休み」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【邦画無料視聴】「1999年の夏休み」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 1988年公開の日本映画。萩尾望都の名作『トーマの心臓』を原案に、『ばかもの』や『デスノート』の金子修介監督が映画化。自然豊かな土地に建つ全寮制の学園を舞台に純真な少年たちの愛憎劇が繰り広げられる。主要キャストの少年たちには全て女子がキャスティングされ、より際立った純真さを演出している。ジャンルは学園ドラマ。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 森に囲まれた山間に建つ全寮制の学園。そこでは美しい少年たちが暮らしていた。夏を前にして、一人の少年、悠(宮島依里)が近くの湖で入水自殺をしてしまう。彼の死は学園を騒がせたが、夏休みに入ると生徒たちは何事もなかったかのように帰省していった。しかし、悠の死を真摯に受け止めた三人が家に帰らず、がらんとした寮に残っていた。
 
 三人のうちの一人、和彦(大寶智子)は悠を拒絶したことが自殺の原因になったのではと悔やんでいた。悠は和彦を心から慕い、愛に似た感情を向けていた。和彦はそんな悠を汚らわしく思い、言葉を交わすことはおろか、見ることすら禁じてしまったのだ。自分はどうすればよかったのか。まだ他者と自己の境界線が不確かな和彦は苦悩する。そんな和彦を支えるのは落ち着いた性格で思いやりのある直人(中野みゆき)だった。直人は下級生の則夫(深津絵里)からも慕われるリーダーシップを持っていた。則夫は密かに直人に想いを寄せており、仲のよかった悠に対して嫉妬を感じていた。
 
 そんなある日、学園に一人の転校生が現れる。やってきた転校生、薫(宮島依里)はなんと自殺した悠と瓜二つ。初めは本人かと疑う三人だったが、その性格は大きく違っていた。内向的だった悠と違い、快活な薫は人見知りすることなく三人に明るく接してきた。かつての友人と同じ姿である薫に戸惑いを隠せない三人。薫には父親がなく、若い男と逃げてしまった母を一人で待っていた。薫の打ち明け話を聞いた三人はどこか悠と通じるものを感じていた。そして…!?
 
 
 


 
 

【監督】

 金子修介
 

【出演俳優】

 宮島依里
 大寶智子
 中野みゆき
 水原里絵
 
 
 
★1999年の夏休み★【tudou】
★1999年の夏休み★【bilibili】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

・【tudou】はしばらく待っていると、自動的に再生が始まるよ!
・【bilibili】は動画が表示されてから画面右下または左下のマークをクリックすると再生が始まるよ!
 
 
 


 
 
 

 

タグ :   

無料動画・英数字

この記事に関連する記事一覧