【無料視聴】「64-ロクヨン- 前編」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「64-ロクヨン- 前編」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『64-ロクヨン- 前編』は、2016年に公開された日本映画。横山秀夫のミステリー小説を映画化した前編。昭和と平成の変わり目で、わずか7日間で終わりを告げた昭和64年に起き、未だ解決していない少女誘拐殺人事件「ロクヨン」をめぐって、警察内部の対立や県警記者クラブとの衝突の様子を描いたクライムドラマ。出演は『人類資金』の佐藤浩市、『そこのみにて光り輝く』の綾野剛、『図書館戦争』の榮倉奈々など。重厚なドラマに仕上がっており、思わず引き込まれること間違いなし。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 昭和64年1月5日。この日、群馬県で漬け物屋を営む雨宮芳男(永瀬正敏)の愛娘が誘拐される。
 
 通報を受けた群馬県警は、彼の自宅で犯人からの連絡を待った。やがて、雨宮の自宅に、娘を返して欲しければ2000万円を用意しろとの要求が入る。
 
 刑事の松岡勝俊(三浦友和)は、雨宮が運転する車の後部座席に潜み、援護のパトカーを連れて受け渡しの場所へと向かった。
 
 しかし、犯人は次々と要求を出し、受け渡し場所を変えていく。しだいに、雨宮だけでなく、松岡も消耗していったが、その後、橋の上から川に向かって現金の入ったスーツケースを落とせとの指示が出される。
 
 雨宮が言われたとおりにスーツケースを川に落とした後、警察は下流でスーツケースを拾おうとした人物を確保するも中身はカラであり、ケースを拾おうとした人物も事件とは関係がなかった。
 
 その後、犯人の足取りはつかめないまま、7日に昭和天皇は崩御し、その後、雨宮の娘は惨たらしい姿でトランクから発見されることになる。
 
 それから、約15年の歳月を経た平成14年12月4日。三上義信(佐藤浩市)は、とある雪国の警察署にある遺体安置所を訪れていた。彼の愛娘のあゆみ(芳根京子)が家出をしていて、遺体が彼女である可能性があったためだった。
 
 しかし、遺体はあゆみの亡骸ではなく、これを知った三上は胸を撫でおろす。
 
 翌日、出勤した三上は、部下の諏訪(綾野剛)から記者クラブが怒っていると知らされる。三上は刑事であったが、現在は警察の広報官を務めていた。
 
 警察の広報官が容疑者を実名発表しないことに、東洋新聞の秋川(瑛太)をはじめとする記者たちは大いに憤っていたのだ。彼らの前で弁解を続け、なんとか切り抜けた三上だったが、来週には警察庁長官の視察が待っていた。
 
 それは、昭和64年に発生し、未だ解決していない雨宮家の誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に関する視察であった…。
 
 
 


 
 

【監督】

 瀬々敬久
 

【出演俳優】

 佐藤浩市
 綾野剛
 榮倉奈々
 夏川結衣
 緒形直人
 窪田正孝
 坂口健太郎
 筒井道隆
 鶴田真由
 赤井英和
 菅田俊
 烏丸せつこ
 小澤征悦
 金井勇太
 芳根京子
 菅原大吉
 柄本佑
 椎名桔平
 滝藤賢一
 奥田瑛二
 仲村トオル
 吉岡秀隆
 瑛太
 永瀬正敏
 三浦友和
 
 
 
★64-ロクヨン- 前編★【daily①】【②】
★64-ロクヨン- 前編★【9tsu.com】
★64-ロクヨン- 前編★【openload】
★64-ロクヨン- 前編★【tudou.com】
★64-ロクヨン- 前編★【tudou.com】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!
     ↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・英数字

この記事に関連する記事一覧