【無料視聴】「64-ロクヨン- 後編」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「64-ロクヨン- 後編」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『64-ロクヨン- 後編』は、2016年に公開された日本映画。横山秀夫の同名の小説を映画化したもので、『64-ロクヨン-前編』に続く二部作の後編。わずか一週間で幕を閉じた昭和64年の7日の間に発生した未解決の女子誘拐殺人事件と、それから14年の歳月を経て発生した類似の殺人事件に翻弄される当事者や警察、新聞記者たちの姿を描いたクライムドラマ。監督はピンク映画出身で『アントキノイノチ』などを手がけた瀬々敬久が、前作に引き続き務めている。出演は『起終点駅 ターミナル』の佐藤浩市、『葛城事件』の三浦友和、『パターソン』の永瀬正敏など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 わずか一週間で幕を閉じた昭和最後の年、昭和64年。
 
 この7日の間に発生した少女誘拐殺人事件は、被害者となった小学1年生の少女が遺体で発見され、その後、迷宮入りとなったことから、「ロクヨン」と呼ばれ、警察にとって大きな汚点となっていた。
 
 被害者少女の父親である雨宮芳男(永瀬正敏)は、この事件によって人生を大きく狂わされたまま、平成14年12月に迫った時効を迎えようとしていた。
 
 当時、事件を担当していた三上義信(佐藤浩市)は、このとき、広報官という立場から、再び事件と向き合うことになるが、一方、彼は、私生活では、高校生のあゆみ(芳根京子)が家出をし、妻の美那子(夏川結衣)とともに焼きもきしていた。
 
 そんな中、「ロクヨン」事件の時効が目前に迫り、雨宮の下を警察庁長官が慰問に訪れることになっていた。
 
 ところが、この日を目前に迎えた日、スポーツ洋品店を営む目崎正人(緒形直人)の娘が誘拐されるという事件が起こる。しかも、この犯人は、「ロクヨン」の犯人と同様に2000万円の身代金を要求してきたのだ。
 
 広報官である三上は、記者クラブの秋川(瑛太)とたびたび衝突しており、今回の事件でも彼が矢面に立たされることになる。
 
 三上は、部下の諏訪(綾野剛)と美雲(榮倉奈々)らに記者たちの対応を任せ、被害者の実名を知るため、捜査担当責任者の松岡勝俊(三浦友和)に接触した。
 
 松岡は、被害者の実名と住所を明かす代わりに、犯人逮捕に向けて、三上の妻、美那子に協力して欲しい旨を彼に伝えた。美那子は、元婦人警察官であり、「ロクヨン」の際にも、張り込みに協力していたのだ。
 
 三上は、諏訪に被害者の実名を伝えるが、誘拐されたとされる娘は17歳の高校生であった。
 
 幼い子供ならいざ知らず、17歳にもなれば、家出や狂言誘拐の可能性もある。松岡は、誘拐事件として扱ってよいものか、決めあぐねていた。
   
 ところが、その後、被害者の父親である目崎正人(緒形直人)ともに行動していた三上は、やがて、ロクヨンと時効直前に発生したこの2つの事件の間に大きな関連性があることを知ることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 瀬々敬久
 

【出演俳優】

 佐藤浩市
 綾野剛
 榮倉奈々
 夏川結衣
 緒形直人
 窪田正孝
 坂口健太郎
 筒井道隆
 鶴田真由
 赤井英和
 菅田俊
 烏丸せつこ
 小澤征悦
 金井勇太
 芳根京子
 菅原大吉
 柄本佑
 椎名桔平
 滝藤賢一
 奥田瑛二
 仲村トオル
 吉岡秀隆
 瑛太
 永瀬正敏
 三浦友和
 
 
 
★64-ロクヨン- 後編★【9tsu】
★64-ロクヨン- 後編★【tudou】
★64-ロクヨン- 後編★【tudou】
★64-ロクヨン- 後編★【openload】
★64-ロクヨン- 後編★【openload】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!
     ↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・英数字

この記事に関連する記事一覧