【無料視聴】「あん」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「あん」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『あん』は、2015年に公開された日本の映画。監督は『2つ目の窓』で知られる河瀬直美。ドリアン助川の同名小説を基にして、小さな和菓子屋で働く元ハンセン病患者のひとりの女性が、世間からの大きな偏見にさらされながらも懸命に生きる姿を描いた人間ドラマ。主演を務めるのは数々の名作で活躍した樹木希林。共演には監督作の常連である永瀬正敏、若手からは内田伽羅、太賀が名を連ね、味わい深い演出が魅力となっている。思わず涙を誘う主題歌の「水彩の月」もおススメ!

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 とある公園のそばにある、小さなどら焼き屋で、店長として働く千太郎(永瀬正敏)は、決して甘いものが好きなわけではなかったが、とある事情があって任された店を切り盛りしていた。
 
 このどら焼き屋は、繁盛するわけでもないが、かといって特に廃れるわけでもなく、中学生や近所の人々に支えられながら、ほそぼそと営業を続けていた。
 
 ところが、そんなある日、店に張り出されていた「アルバイト募集」の貼り紙を見たと言い、ひとりの年老いた女性が店を訪ねて来た。
 
 徳江という名のこの女性(樹木希林)は千太郎の店で働きたいを申し出るが、自分の親ほどの年齢の彼女を働かせることに気が進まなかった彼は、この申し出を断った。
 
 しかし、そんな千太郎に徳江は何度も食い下がると、自らが作ったあんこを食べて欲しいと置いて帰った。
 
 捨てるのが忍びなかった千太郎は、このあんこを一口食べてみると、その味は絶妙で味わいであり、予想外の彼女の腕前に驚いた彼は、徳江を採用することにした。
 
 そして、徳江があんこ作りを担当するようになってからというもの、店の売り上げは伸びるようになり、時には店前に客が行列を作るような日も見られるようになった。
 
 これまで甘いものは好きでなかった千太郎が、業務用の小豆をマニュアル通りに煮て作るあんことは異なり、50年間あんこを作り続けてきたという徳江の作り方は、小豆一粒一粒に愛を込め、丹念にあんこを仕上げるものであり、もはや職人の域に達していると千太郎は感じていた。
 
 そして、いつしか千太郎自身も、徳江の作るあんこに魅了されていった。
 
 そんな中、なんとなく学校に馴染めずにいた中学生のわかな(内田伽羅)が、いつしか千太郎の店に通うようになり、しだいに徳江の人柄を慕うようになっていく。
 
 ところが、徳江が店で働くようになり、店の売り上げや近所の人々との交流など、すべてがうまく回り始めようになったと千太郎が喜んでいたある日、店のオーナーである(浅田美代子)が、千太郎の下を訪れ、徳江を辞めさせて欲しいと申し出る。
 
 そして、このことをきっかけにして、穏やかな海の上を漂っていたような起伏のない千太郎の人生は、突如として、大きな荒波に飲み込まれていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 河瀨直美
 

【出演俳優】

 樹木希林
 永瀬正敏
 市原悦子
 内田伽羅
 浅田美代子
 水野美紀
 太賀
 兼松若人
 村田優吏愛
 高橋咲樹
 竹内海羽
 
 
 
id=ODM2NTU=&title=Sweet+Red+Bean+Paste+%28An%29+episode+1&typesub=SUB" target="_blank" rel="nofollow">★あん★【k-vid】
★あん★【openload】
★あん★【openload】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!
     ↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・あ行

この記事に関連する記事一覧