【無料視聴】「おっぱいバレー」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「おっぱいバレー」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『おっぱいバレー』は、2009年に公開された日本の映画。監督は映画『海猿』シリーズを手掛けてきた羽住英一郎。水野宗徳の実話をもとにした同名の小説を原作に、とある弱小バレー部に所属する中学生の男子たちが、顧問の美人教師から、「試合に勝ったらおっぱいを見せる」という約束を取り付けたことから、勝利を目指して奮闘する姿を描いた青春コメディ。出演は『本能寺ホテル』の綾瀬はるか、『雨にゆれる女』の青木崇高など。中学生の男子に有り勝ちな妄想思考が笑いを誘う、異色の作品となっている。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1979年、九州地方の最北部に位置する北九州の萩原。戸畑第三中学3年になる平田育夫(木村遼希)と楠木靖男(高橋賢人)、岩崎耕平(吉原拓弥)と杉浦健吾(本庄正季)、そして江口拓(恵隆一郎)の5人は、まだ見ぬ女性の「おっぱい」の感触を掴むために日々努力を重ねていた。
 
 ある日、彼らは、「時速80kmで風を掴むとおっぱいの感触になる」と言う噂を耳にし、無謀にも自転車で急坂を下り、感触を確かめようとしていた。
 
 しかし、自転車だけでは速度が上がらなかったことから、車椅子と組み合わせた改造自転車を作り、挑戦をしたものの、風の感触を確かめられぬまま、崖から転落してしまう。
 
 翌日、いまだ諦めきれずにいた5人が再度挑戦しようと考えていた中、彼らの前に新たに赴任してきた教師の寺嶋美香子(綾瀬はるか)が現れる。23歳の美香子は、新たに戸畑第三中学で国語を教えることになっていた。
 
 突如現れた美しい新任教師の姿を見た5人は、その美しさと豊かな胸に、思わず目が釘付けになってしまう。
 
 その後、美香子はあいさつで高村光太郎の『道程』について話すが、江口は「童貞」の話だと勘違いし、妄想を描いた揚句、鼻血を出してしまう。
 
 その後、美香子は、教頭先生(光石研)から男子バレー部の顧問を頼まれることになる。彼女は二つ返事で引き受けるが、隣で聞いていた堀内先生(青木崇高)は、内心心配していた。
 
 実は、戸畑三中の教師の中では、平田ら5人が所属するバレー部は、別名「バカ部」と呼ばれ、忌み嫌われていたのだ。
 
 美香子がバレー部の顧問を引き受けたことを盗み聞きしていた5人は大喜びし、美香子を暖かく迎えようと歓迎会を開いた。
 
 しかし、そんな彼らに対し、美香子は女子バレー部との練習試合を行うことを提案する。
 
 練習のことなどそっちのけで女性のことばかりを考えていた彼らにとって、女子の前で恥をかくようなリスクは絶対に負いたくなかった平田たちは、部員が5名しかおらず、試合定員に達していないことを理由に試合を断ろうとする。
  
 しかし、神があざ笑うごとく、偶然にも1年生の城良樹(橘義尋)が新入部員としてやってきたこと定員を満たしてしまうことになる。
 
 そこで、平田たちは、美香子が、平田たちを鼓舞するために、「試合に勝ったらなんでもする」といったのをきっかけにして、「試合に勝ったら彼女のおっぱいを見せる」という約束を取り付けることに成功する。
 
 夢に見てきた女性のおっぱいを見るチャンスを手に入れた彼らは、その後、まるで別人になったかのように猛練習を始めることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 羽住英一郎
 

【出演俳優】

 綾瀬はるか
 青木崇高
 仲村トオル
 石田卓也
 大後寿々花
 福士誠治
 光石研
 田口浩正
 市毛良枝
 木村遼希
 高橋賢人
 橘義尋
 本庄正季
 恵隆一郎
 吉原拓弥
 
 
 
★おっぱいバレー★【9tsu】
★おっぱいバレー★【openload】
★おっぱいバレー★【openload】
★おっぱいバレー★【openload】
★おっぱいバレー★【openload】
★おっぱいバレー★【vidoza.net】
★おっぱいバレー★【vidoza.net】
★おっぱいバレー★【streamango】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・あ行

この記事に関連する記事一覧