【無料視聴】「イノセンス」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「イノセンス」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 「イノセンス」は、2004年に公開された日本映画。「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」の続編にあたり、日本を代表するアニメクリエイターの鬼才押井守監督のSFアクション第2弾。前作における登場人物たちの後日譚を描いている。声の出演は、前作に引き続き、大塚明夫と田中敦子、山寺宏一、他。本作品は、日本のアニメでは初となる第57回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門での上映を果たしている。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 2032年の日本。大戦を経る中でテクノロジーは急速に発達し、人々の脳はネットワークと直結していた。
 
 そして、これに付随する形で身体の機械化も進み、これらサイボーグ技術は「電脳化」「義体化」と呼ばれるようになっていった。
 
 そんな中、内務省直属の極秘組織である公安9課に所属する草薙素子(声:田中敦子)と、そのパートナーであるバトー(声:大塚明夫)は、高度なハッキング犯罪「人形使い事件」を共に解決していた。
 
 しかし、この事件の後、脳の一部以外は全て機械であった素子は、自らを探求するためにネットワークの海へ姿を消してしまう。
 
 その後、9課に残ったバトーは、新しい相棒のトグサ(声:山寺宏一)と共に新たな任務を遂行していたが、素子が去った後のバトーは、まるで魂が抜けたようであり、トグサはそれが気にかかっていた。
 
 そんなある日、"ハダリ(HADALY)"の愛称で呼ばれる愛玩用アンドロイドのType2052が暴走を起こし、所有者を立て続けに殺害するという事件が起こる。
 
 そこで、暴走したハダリを追って路地に駆けつけたバトーは、レンジャー出身の鮮やかな身のこなしで制圧すると、トグサと共にハダリを開発したロクスソルス社を訪れた。
 
 そして、ロクスソルス社で事件を起こしたハダリを検死していたミス・ハラウェイ(声:榊原良子)と面会した二人は、ハダリが破壊される寸前に発していた音声を聞かされる。このハダリは、本来プログラムにはない「助けて…」というメッセージを残していたのだった。
 
 暴走の原因や手がかりが掴めないまま、二人はロクスソルス社を後にしたが、この直後、別のハダリによる猟奇殺人事件が発生する。その残忍性は異常であったことから、二人はハダリ事件の早期解決に向けて本格的な捜査を始めるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 押井守
 

【出演俳優】

 大塚明夫
 田中敦子
 山寺宏一
 大木民夫
 仲野裕
 榊原良子
 武藤純美
 竹中直人
 
 
 
★イノセンス★【gcloud】
★イノセンス★【mp4up】
★イノセンス★【yourup】
★イノセンス★【vstream】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :   

無料動画・あ行

この記事に関連する記事一覧