【無料視聴】「オカルト」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「オカルト」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『オカルト』は、2008年に公開された日本の映画。『不能犯』や『貞子vs伽椰子』などを手がけた白石晃士監督が、とある観光地で発生した通り魔殺人をきっかけにして起きた不可解な出来事を描いたフェイク・ドキュメント・ホラー。出演は『ムーンライト下落合』の宇野祥平、『パンク侍、斬られて候』の近藤公園、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 2005年。吊り橋が名所の観光地、妙ヶ崎で通り魔事件が発生する。犯人の松木賢(野村たかし)は、偶然居合わせた右田紀子(篠原友希子)ら女性2人を刺殺し、吊り橋の上で江野祥平(宇野祥平)に切りかかり、そのまま身を投げて逃走してしまう。
 
 そして、この通り魔事件は、偶然居合わせた人によって、その一部始終が撮影されていた。
 
 それから3年の歳月が経過したある日、映像製作会社で働く白石晃士(白石晃士)とADの栗林(東美伽)は、インターネットの闇サイトで流通していた、この通り魔殺人の撮影映像を入手する。
 
 この通り魔事件に興味を持った白石たちは、ドキュメント映画を作るべく、その調査に乗り出した。
 
 二人が調べを進めていくと、事件の目撃者や被害者は、事件の数日前から妙ヶ崎へ行かなくてはならないという使命感に駆られていたことが判明する。そして、この事件の様子を偶然捉えた映像も、使命感に駆られて撮影されたものであったという。
 
 その後、白石は、通り魔事件の唯一の生存者である江野祥平(宇野祥平)と接触をする。すると、江野は、この事件そのものが「神のお告げ」であるとの奇妙な証言を得た。しかも、彼の体には、犯人である松木賢と同じ傷跡が残されていた。
 
 さらに白石がさらに調査を進めていくと、山梨県のとある山奥で謎の文字が刻まれた石碑あることが発見される。そこで、白石は、文字に関する広い知識を持つ映画監督の黒沢清に、この文字の解読を依頼した。
 
 ところが、数日後、白石が黒沢から得た回答は、この文字が「神による大災害」を予言しているという衝撃的なものであった…。
 
 
 


 
 

【監督】

 白石晃士
 

【出演俳優】

 宇野祥平
 野村たかし
 東美伽
 吉行由実
 近藤公園
 大蔵省
 篠原友希子
 ホリケン。
 高槻彰
 鈴木卓爾
 渡辺ペコ
 黒沢清
 
 
 
★オカルト★【pandora】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・あ行

この記事に関連する記事一覧