【無料視聴】「海を駆ける」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「海を駆ける」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『海を駆ける』は2018年に公開された日本、インドネシア、フランス映画。インドネシアを舞台に海岸に流れ着いた謎の男を中心に起こる出来事を綴ったファンタジードラマ。監督は『淵に立つ』などで知られる深田晃司。出演は『記憶にございません!』のディーン・フジオカ、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の太賀、『マザーレイク』の鶴田真由、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 インドネシアのスマトラ島北端に位置するアチェ州のバンダ・アチェのとある海岸。そこに流れ着いた1人の男(ディーン・フジオカ)がいた。彼はしばらく立ち尽くしていたものの、糸が切れたように倒れこんでしまう。
 
 同じころ、ジャーナリストを目指す大学生、イルマ(セカール・サリ)は、スマトラ沖地震で家族を亡くした人たちから話を聞いていた。取材には彼女の友人である(アディパティ・ドルケン)とタカシ(太賀)も同行しており、タカシは日系で、母の貴子(鶴田真由)は現地のNPOで働いていた。
 
 ある日、タカシは貴子から海岸に日本人が流れ着いたと聞かされ、代わりに日本からやってきた従姉妹のサチコ(阿部純子)を迎えに行くことにした。
 
 その後、タカシはサチコと合流し、貴子が言っていた流れ着いた日本人を見に行くことにする。施設に保護された男は放心状態で、貴子の呼びかけにかろうじて反応しているだけだった。
 
 見た目にも怪我などがないことから、貴子は自宅でこの男を預かることにした。そして、貴子は記憶喪失であろう男に、海を意味する「ラウ」と名付ける。
 
 タカシはそのネーミングをストレートすぎると笑った。すると、ラウが突然歌い出し、それに呼応するように荷台に積まれた魚たちがはね始めた。一同は、突然の不思議な出来事に驚いたが、彼が歌い終わると何事もなかったかのようにあたりは静まった。
 
 貴子の家に着いてからも、水しか出ないはずのシャワーからお湯が出たりと、水にまつわる不思議な出来事が続いた。
 
 さらにラウは熱中症で倒れている少女に対し、手のひらから水の玉を出すという超能力を見せることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 深田晃司
 

【出演俳優】

 ディーン・フジオカ
 太賀
 阿部純子
 アディパティ・ドルケン
 セカール・サリ
 鶴田真由
 
 
 
★海を駆ける★【9tsu】
★海を駆ける★【clipwatch】
★海を駆ける★【clipwatch】
★海を駆ける★【vidoza.net】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・あ行

この記事に関連する記事一覧