【無料視聴】「海辺の生と死」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「海辺の生と死」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『海辺の生と死』は、2017年に公開された日本の映画。監督は『夏の終り』や『ゲゲゲの女房』などでプロデューサーを務めてきた越川道夫。島尾敏雄が手がけた小説、『死の棘』を原作にして、奄美大島を舞台に、駐屯する海軍特攻部隊の隊長の男性と島の学校で教壇に立つ女性との恋を描いたラブストーリー。出演は『愛のむきだし』の満島ひかり、『エルネスト』の永山絢斗など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 奄美大島の南に位置するカゲロウ島。1944年12月、この島で暮らす大平トエ(満島ひかり)は国民学校教員として働いていた。
 
 そんなある日、トエが子供達を連れて山道を歩いていると突然一人の軍人が道を塞いだ。彼は朔中尉(永山絢斗)。カゲロウ島へやってきた海軍特攻艇部隊の隊長だった。
 
 朔は、この先には特攻艇が隠してあるから行ってはいけないとトエたちに告げた。
 
 海軍が島に駐屯するようになってからというもの、トエの教え子たちは、これまでの通学路が使えなくなっていた。
 
 このことにトエが不満を抱いていたある日、再び彼女の前に朔が現れる。すると、彼は、トエの自宅を訪れ、彼女の父親(津嘉山正種)に兵隊の教育用に本を借りたいと申し出たのだった。
 
 この時、初めは厳しい軍人の顔をしていた朔の意外な一面を見たトエは、これをきっかけに朔との交流を始めることになる。
 
 朔との交流を始めたトエは、軍歌ではなく島歌を歌い、トエの教え子たちにも優しく接する彼の姿を見て、しだいに朔に惹かれていった。
 
 しかし、戦況は悪化の一途をたどり、二人は、朔の部下の大坪(井之脇海)を通じ、手紙のやり取りをするようになる。
 
 やがて、カゲロウ島にも、たびたび連合国軍の爆撃が行われるようになる。そんな中、トエは、日々の生活の中に死が隣り合わせにあることを実感していた。
 
 父から、「親より先に死んではならない」と聞かされていたトエは、必死に戦火をかいくぐっていく。
 
 そして、ついに迎えた1945年8月。すでに原爆が広島と長崎に投下され、朔たちの部隊にも出撃命令が出されていた。
 
 大坪から、朔たちに出撃命令が発せられたこと聞かされたトエは、母親の形見の喪服に身を包み、家を飛び出した。
 
 その後、彼女は短刀を胸に抱いたまま、かつて朔と過ごした入江を目指し、一心不乱に駆け出していくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 越川道夫
 

【出演俳優】

 満島ひかり
 永山絢斗
 井之脇海
 秦瀬生良
 蘇喜世司
 川瀬陽太
 津嘉山正種
 
 
 
★海辺の生と死★【9tsu】
★海辺の生と死★【vidoza】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・あ行

この記事に関連する記事一覧