【無料視聴】「ここは退屈迎えに来て」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「ここは退屈迎えに来て」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 「ここは退屈迎えに来て」は、2018年に公開された日本映画。「アズミ・ハルコは行方不明」で知られる山内マリコの同名の連作短編集を映画化。東京から帰京した27歳のひとりの女性が、自らの居場所を求める心情を描いた青春群像劇。監督は「ママレード・ボーイ」の廣木隆一。出演は、「美しい星」の橋本愛、「花筐 HANAGATAMI」の門脇麦、「ビブリア古書堂の事件手帖」の成田凌、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 27歳に10年ぶりに東京から実家に戻ってきた"私"(橋本愛)は、現在、フリーライターとしてタウン雑誌の記事を執筆しているが、両親にはフリーターとしか見てもらえない。
 
 そんなパットしない日々を送っていた"私"は、ある日、カメラマンの須賀さん(村上淳)とラーメン店の取材の帰り、高校時代に仲が良かった友人のサツキ(柳ゆり菜)と合流することになる。
 
 3人で話をしているうちに、高校の当時、憧れの的だった椎名君(成田凌)の話になり、ひょんなことから、須賀さんの車で椎名君に会いに行こうということになる。
 
 その道すがら、"私"の脳裏には、これまでの記憶がよみがえってくる。
 
 
 2008年、地元に残った22歳の"あたし"(門脇麦)は、アルバイトを終え、クラスメイトの遠藤君(亀田侑樹)の車に乗り込んだ。
  
 高校時代、"あたし"は椎名君と付き合っていたが、彼は卒業後、大阪に引っ越して以来、音信不通となっている。
 
 そんな椎名君を"あたし"は忘れられないでいるが、"あたし"に好意を寄せている遠藤君となんとなくの関係を続けている。
 
 
 2004年、高校3年の"あたし"は椎名君と交際中だ。一方、ある日の放課後、"私"とサツキは、椎名君から誘われて、奇跡のような楽しい放課後を過ごしていた。
 
  
 そして、2013年、"私"はあの日の放課後の記憶の中で輝いていた椎名君と再会することに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 廣木隆一
 

【出演俳優】

 橋本愛
 門脇麦
 成田凌
 渡辺大知
 岸井ゆきの
 内田理央
 柳ゆり菜
 亀田侑樹
 瀧内公美
 片山友希
 木崎絹子
 マキタスポーツ
 村上淳
 
 
 
★ここは退屈迎えに来て★【openload】
★ここは退屈迎えに来て★【streamango】
★ここは退屈迎えに来て★【clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・か行

この記事に関連する記事一覧