【無料視聴】「キサラギ」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「キサラギ」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『キサラギ』は2007年に公開された日本映画で、人気作家古沢良太の小説を原作に亡くなったアイドルの偲んでオフ会に集まったファンたちが巻き起こす騒動を描いた人間ドラマ。監督は『ういらぶ。』や『累-かさね-』を手がける佐藤祐市。出演は『銀魂2 掟は破るためにこそある』の小栗旬、『食べる女』のユースケ・サンタマリア、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 地下アイドルとして活動していた如月ミキ(酒井香奈子)。ある日彼女は突如謎の死を遂げてしまう。
 
 数少ないファンたちはその死を悲しみ、ファンクラブを運営していた家元(小栗旬)はネット上で交流していた、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、いちご娘(香川照之)に声をかける。
 
 こうしてミキの一周忌となった2007年2月4日、とあるペントハウスに5人が集まることになる。
 
 自称公務員の家元は、ミキの写真を集めたコレクションブックを5冊も自作していた。彼は他のメンバーよりも早くペントハウスを訪れ、飾り付けに勤しんでいた。そして、オダ・ユージは追悼の会を開くきっかけとなった中年男で少々めんどくさい神経質な性格をしていた。
 
 また、安男は福島から遠路はるばるやってきた小太りの男性で、普段は農家として働いている。そして、スネークは、調子のいいムードメーカーで、雑貨屋に勤務していた。
 
 さらには、仲間内で女性だと思われていたいちご娘は、実はネカマであり無職のおじさんだった。
 
 一足先についた家元が、飾りつけを終えて皆を待っていると、メンバーたちが続々と集まってくる。しかし、各々が強い思い入れを持って集まったため、服装だけでなくイメージしていた追悼の会の内容までバラバラだった。
 
 喪服で登場したオダ・ユージとスネークは安男らのラフな格好に苛立ち、家元は持参した喪服に着替えることにした。一方、安男は罪悪感から喪服を買いに外へ出ていってしまう。
 
 そして、一同は、いちご娘がネカマであることに驚きながらも、それぞれが持つミキのグッズや思い出を語っていく。
 
 家元はミキに200通以上のファンレターを送っており、その甲斐あって本人から直筆の返事をもらっていた。やがて話はミキの死の真相に迫っていき、オダ・ユージは、独自で調査した内容を語り始めるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 佐藤祐市
 

【出演俳優】

 小栗旬
 ユースケ・サンタマリア
 小出恵介
 塚地武雅
 末永優衣
 米本来輝
 平野勝美
 如月ミキ(酒井香奈子)
 宍戸錠
 香川照之
 
 
 
★キサラギ★【pandora】

★キサラギ★【daily①】【②】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・か行

この記事に関連する記事一覧