【無料視聴】「凶悪」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「凶悪」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『凶悪』は2013年に公開された日本の映画。『凶悪 ある死刑囚の告発』という名のノンフィクションを原作にして、闇に葬られようとしていた事件を、とある死刑囚が告発をきっかけにして、ひとりの雑誌記者が執念の調査を進めていく姿を描いたクライム・サスペンス。監督は『彼女がその名を知らない鳥たち』や『孤狼の血』で話題を集める白石和彌。出演は『50回目のファーストキス』の山田孝之、『アウトレイジ 最終章』のピエール瀧、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 週刊誌『明潮24』に所属する記者の藤井修一(山田孝之)は、スクープばかりを追えという編集長の芝川理恵(村岡希美)のやり方に疑問を感じていた。
 
 藤井が、取材を重ね、読み応えのある企画を練り上げても、芝川に「もう終わった事件でしょ」と一蹴されてしまい、彼は雑誌記者の仕事内容に疑問を抱える日々を送っていた。
 
 そんなある日、編集部に死刑囚の須藤純次(ピエール瀧)から一通の手紙が届いた。そこで、藤井は須藤の話を聞くため、東京拘置所へ足を運ぶ。
 
 藤井が面会室へ入っていくと、分厚いアクリル板の向こうに須藤の姿があった。彼にはすでに死刑判決が出ていたが、これを争うべく最高裁に上告中だった。
 
 須藤の話とは、まだ露見していない三つの罪について自白したいというものだった。藤井は、上告中にもかかわらず、自ら不利な材料を増やそうとする須藤の行動に疑問を感じた。すると須藤は、どうしても許せない奴を裁くために不利を承知で自白するのだと藤井に明かした。
 
 そして、須藤による話の内容はこうだ。
 
 今回、須藤が話す事件の首謀者は不動産資材を扱う「先生」と呼ばれる人物だ。そして、三つの事件の内容は、初めに、この先生が殺した老人の遺体を焼却し、次に先生が転売した土地の持ち主である老人を生き埋めにした。そして、三つ目に、先生が借金を抱える一人の老人に保険金を掛け、酒を飲ませ殺した。というものであった。
 
 この話を聞いた藤井は、曖昧な部分はありながらも、リアリティ満ちた須藤の言葉に、真実味を感じた彼は、これを芝川に報告したが、彼女はまたしても記事ならないと藤井の提案を一蹴した。
 
 そこで、藤井は、須藤の「どうせ死刑になるなら綺麗になって死にたい」という彼の願いを汲み、個人的に事件の調査をすることにした。
 
 ところが、藤井がこの事件の調査を始めると、彼はみるみるこの事件の調査にのめり込んでいった。そして、気が付けば、彼は無断で会社を欠勤するまでに事件にどっぷりとはまり込んでしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 白石和彌
 

【出演俳優】

 山田孝之
 ピエール瀧
 池脇千鶴
 リリー・フランキー
 白川和子
 吉村実子
 小林且弥
 斉藤悠
 米村亮太朗
 松岡依都美
 ジジ・ぶぅ
 村岡希美
 外波山文明
 廣末哲万
 九十九一
 原扶貴子
 
 
 
★凶悪★【openload】
★凶悪★【openload】
★凶悪★【vidoza.net】
★凶悪★【streamango】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・か行

この記事に関連する記事一覧