【無料視聴】「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 「母さんがどんなに僕を嫌いでも」は、2018年に公開された日本映画。歌川たいじの随筆漫画を「50回目のファーストキス」の太賀主演で映画化。幼少のころから母親に罵られ、心身ともに大きく傷ついた青年が、社会人になって過去を振り返りながら、母親とのトラウマを克服するために奮闘する姿を描いた人間ドラマ。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 東京の下町で生まれ育ったタイジ(小山春朋)は、幼いころから、母親である光子(吉田羊)のことが大好きであった。
 
 しかし、自宅にいる光子は、いつも情緒不安定で、彼の些細な行動に怒りを覚え、容赦なく彼に手を挙げた。
 
 その後、夫との離婚話が浮上した光子は、タイジの存在が離婚交渉の妨げになると判断すると、タイジを児童相談所に入れてしまう。
 
 その後、1年が経過し、離婚交渉に決着がついた光子は、児童相談所にタイジを迎えに来て、タイジの姉、貴子(山下穂乃香)と3人で暮らし始めた。
 
 ところが、そこでも光子は、情緒不安定に陥り、タイジたちに罵声と暴力を浴びせる日々を送った。
 
 やがて、成長したタイジ(太賀)は、17歳になったある日、光子から罵声と暴力を受けたことをきっかけにして、家を出ることを決意する。
 
 しばらく自宅と勤務先の会社を往復するだけの日々を送っていたタイジであったが、ある日、幼い時分、唯一、彼の味方をしてくれていた工場のおばちゃん(木野花)と偶然、再会し、心の中の何かが動かされたことを感じていた。
 
 それからというもの、タイジは、それまでの時間をやり過ごすだけの生活に別れを告げ、努力を重ねて一流企業に就職し、営業職へと配属になる。
 
 その後、同僚のカナ(秋月三佳)とその恋人の大将(白石隼也)と親しくなった彼は、社会人劇団にも入り、毒舌家のキミツ(森崎ウィン)と出会い、しだいに打ち解けていった。
 
 こうして、社会人になって初めて人と心を通わせることの喜びを知った彼は、とある友人の言葉をきっかけにして、「嫌いになった」と思っていた光子のことを「今も好きだ」と思っていることに気づく。
 
 これをきっかけにして、タイジは、再び母親としっかりと向き合い、彼が抱えていた母親に対するトラウマを克服しようと決意するのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 御法川修
 

【出演俳優】

 太賀
 吉田羊
 森崎ウィン
 白石隼也
 秋月三佳
 小山春朋
 斉藤陽一郎
 おかやまはじめ
 木野花
 
 
 
★母さんがどんなに僕を嫌いでも★【vstream】
★母さんがどんなに僕を嫌いでも★【clipwatch】
★母さんがどんなに僕を嫌いでも★【vidoza.net】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・か行

この記事に関連する記事一覧