【無料視聴】「海月姫」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「海月姫」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『海月姫』は、2014年に公開された日本映画。『主に泣いてます』などで知られる東村アキコの同名漫画を実写化した作品で、監督は『ガールズ・ステップ』や『きょうのキラ君』を手がけた川村泰祐。男子禁制の共同アパート「天水館」で暮らすクラゲ・オタクのヒロインが、オタ女ばかりのアパートにやって来た女装男子と奇妙な友情を育んでいく姿を描いたコメディ・ドラマ。主演は『この世界の片隅に』で注目を集めた能年玲奈、共演は菅田将暉など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 倉下月海(能年玲奈)は、九州から上京し、懐かしい雰囲気を持つ男子禁制のアパート「天水館」で生活している。
 
 そんな彼女は、その名が示すようにクラゲ・オタクであり、イラストレーターになるのが夢だった。月海は毎日のように熱帯魚店へと足を運んではタコクラゲを観察し、クララと名前をつけて可愛がっていた。
 
 彼女が住む天水館には、海月の他にも腐女子たちが生活をしていた。鉄道オタクである「ばんば」(池脇千鶴)、三国志が好きな「まやや」(太田莉菜)、枯れ専の「ジジ」(篠原ともえ)など、彼女たちはそれぞれ好きなものに人生を捧げていた。
 
 海月を始め天水館の腐女子たちは、全くモテないが、彼女たちは男へ執着しないことから「尼~ず」と名乗っていた。
 
 そんなある日、クララの水槽にミズクラゲが入れられていることに気づく。ミズクラゲは粘液を出すため、クララと一緒にしない方がいいと海月は進言したが、店のスタッフ(中村倫也)はそれを聞き入れようとしなかった。
  
 そんなとき、偶然その場に居合わせ、海月を助けてくれた見ず知らずの美女が鯉淵蔵之介(菅田将暉)であった。
 
 海月は、そのままクララを飼い始め、行くあてがないという蔵之介を天水館へ招いたものの、彼女は、そこで初めて蔵之介が女装男性であることに気づく。
 
 天水館は男子禁制であると決められていたことから、蔵之介は、女装したまま「蔵子」として尼~ずの面々に紹介された。
 
 蔵之介は、天水館と尼~ずたちがとても気に入り、その後も足を運ぶようになる。
 
 彼の父である慶一郎(平泉成)が代議士であったため、蔵之介は両親から厳しく躾けられていたことから、自由な趣味を謳歌している彼女たちが輝いて見えたのだ。
 
 こうして、蔵之介がしばしば天水館を訪れる中、蔵之介から化粧を学ぶなど、少しずつ彼の影響を受け、永遠のオタ女と思われた海月に思わぬ変化が現れる。
 
 ところが、そんな中、彼女たちの最後の楽園といえる「天水館」の取り壊し計画が着々と進行していた…。
 
 
 


 
 

【監督】

 川村泰祐
 

【出演俳優】

 能年玲奈
 菅田将暉
 池脇千鶴
 太田莉菜
 馬場園梓
 篠原ともえ
 片瀬那奈
 速水もこみち
 平泉成
 内野謙太
 長谷川博己
 
 
 
★海月姫★【eyny】
★海月姫★【eyny】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・か行

この記事に関連する記事一覧