【無料視聴】「サマータイムマシン・ブルース」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「サマータイムマシン・ブルース」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

「サマータイムマシン・ブルース」は、2005年に公開された日本映画。京都の劇団”ヨーロッパ企画”の同名の芝居を「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が映画化。とある大学の”SF研究会”を舞台にして、タイムトラベルをめぐる騒動を描いた青春コメディ。出演は、「ミックス。」の永山瑛太、「青空エール」の上野樹里、「居眠り磐音」の佐々木蔵之介、他。予告編後半にも流れているTommy heavenly6が歌う主題歌もおススメ!

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 とある夏休み中のとある大学のグラウンド。そこで、この大学の”SF研究会”に所属する甲本拓馬(永山瑛太)、柴田春華(上野樹里)、新見優(与座嘉秋)たちは、クーラーが効いた部屋で涼みながら、だらだらと過ごしていた。
 
ところが、そんなある日、SF研究会の部室に置かれていたリモコンスイッチに新見がコーラをこぼしてしまい、クーラーのスイッチが入らなくなってしまった。
 
そこで、拓馬たちは、研究会の顧問をしている大学助手の保積光太郎(佐々木蔵之介)に修理を依頼するが、機械音痴の光太郎は、修理するどころか、かえって状況をひどくしてしまう。
 
クーラーが壊れ、部員たちがテンヤワンヤで騒いでいる中、部室に見慣れないマッシュルームのような髪形をした男がたたずんでいた。
 
部員たちの視線を浴びた男は「失礼します」と部屋を出ていったが、その後、部員たちは、部室の片隅には見慣れない物体を目の当たりにする。
 
その後、部員たちが興味半分に触りまくった結果、この物体がタイムマシンであることが判明する。
 
 これを知った一同が色めき立つ中、「昨日に戻ってリモコンを取ってこよう」という声が部員の中から挙がった。
 
 これを名案と考えた部員たちは、さっそくタイムマシンを起動し、昨日へとタイムトラベルを始めるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 本広克行
 

【出演俳優】

 永山瑛太
 上野樹里
 与座嘉秋
 川岡大次郎
 ムロツヨシ
 永野宗典
 本多力
 真木よう子
 升毅
 佐々木蔵之介
 
 
 
★サマータイムマシン・ブルース★【nicovideo】
★サマータイムマシン・ブルース★【pandora】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・さ行

この記事に関連する記事一覧