【無料視聴】「三度目の殺人」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「三度目の殺人」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『三度目の殺人』は、2017年に公開された日本の映画。監督は『海街diary』や『海よりもまだ深く』で知られる是枝裕和。裁判で勝訴することを至上命題としていたひとりの弁護士が、彼が弁護した殺人事件の闇に深くはまっていく姿を描いたクライム・サスペンス。主演は『そして父になる』以来、再び監督とタッグを組むことになった福山雅治、共演には『蜩ノ記』の役所広司、『ラプラスの魔女』の広瀬すずなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 弁護士の重盛朋章(福山雅治)の下に、ある日、ひとつの刑事事件の弁護の依頼が舞い込んできた。
 
 しかし、今回弁護を担当する刑事事件は、強盗殺人と遺体損壊という罪責としても非常に重いものだった。
 
 被告人として起訴された三隅高司(役所広司)は、かつて務めていた食品加工会社をクビにされ、その怨恨を動機として社長の山中を殺したとされていた。
 
 起訴状によれば、三隅は、背後からスパナで殴りかかり、山中の財布を奪うとガソリンを浴びせ、放火して殺害したという。残忍な犯行態様に加え、三隅は、30年前にも殺人事件を起こし、無期懲役の判決を受けていた。
 
 彼は、現在仮釈放中の身であったが、ギャンブルに狂い、会社の金にも手を出そうとしていた。
 
 検察官によれば、三隅は、服役したものの更生できず再び起こした身勝手な犯行を犯したと主張しており、判決は死刑になることが予想されていた。
 
 一方、重盛は、真相の追究よりも、勝ちにこだわる弁護手法を採り、減刑に落とし込むことにかけては極めて熱心だった。
 
 そんな重盛は、今回も減刑を訴える戦法を胸に、三隅との初めての接見を迎えることになる。しかし、三隅を初めて目にした重盛は、彼の様相から、殺人を犯しているような人物には見えなかった。
 
 自白こそしているものの、三隅の証言には一貫性がなく、彼の供述記録を見てもコロコロとその内容が変わっていた。
 
 ところが、間もなくして、重盛は三隅が真実を告白したという週刊誌の記事を目にすることになる。そこには重盛には語らなかった事件の詳細や彼が殺人を犯した動機などが掲載されていた。
 
 この雑誌の記事には、三隅の犯行は、社長夫人である山中美津江(斉藤由貴)から依頼されたものだと記されており、それだけでなく三隅と美津江の間には関係があった、というニュアンスの記載すらあった。
 
 これが真実であれば減軽が期待できる。重盛は証拠を固めるため動き出す。しかし、調査を始めた重盛は、彼が予想もしていなかった衝撃的な事実と直面することに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 是枝裕和
 

【出演俳優】

 福山雅治
 役所広司
 広瀬すず
 斉藤由貴
 吉田鋼太郎
 満島真之介
 松岡依都美
 市川実日子
 橋爪功
 
 
 
★三度目の殺人★【eyny】
★三度目の殺人★【eyny】
★三度目の殺人★【badu】
★三度目の殺人★【s80.top】
★三度目の殺人★【007.la】
★三度目の殺人★【openload】
★三度目の殺人★【openload】
★三度目の殺人★【vidoza.net】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・さ行

この記事に関連する記事一覧