【無料視聴】「北の桜守」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「北の桜守」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『北の桜守』は2018年に公開された日本映画で、『北の零年』と『北のカナリアたち』に続く三部作の完結編。太平洋戦争末期から高度成長を迎えた激動の時代を生きる親子の姿を描いた人間ドラマ。監督は『天地明察』の滝田洋二郎。出演は120作目の映画出演となる吉永小百合 、『その夜の侍』の堺雅人、『人魚の眠る家』の篠原涼子、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1945年。南樺太、恵須取。江蓮てつ(吉永小百合)は夫の徳次郎(阿部寛)とともに鉄工所を営んでいた。そして2人の間には2人の息子がおり、仲睦まじく暮らしていた。
 
 やがて春になり、江連家では入植した桜が初めて花開く。近所の山岡和夫(岸部一徳)を始め、周囲の人々は樺太に咲く桜を見て思わず感激する。そして、平穏なまま夏を迎えることに。
 
 しかし、突如としてソ連が日ソ中立条約を破棄し、日本は宣戦布告されてしまう。これにより、ソ連にほど近い恵須取は激しい空襲に晒される。
 
 てつは子供達を連れ、徳次郎の知人が暮らす網走へと逃げることに。この時、満月の夜は桜を見ようと約束を交わす。徳次郎は1人恵須取に残り、義勇軍に加わり戦地に赴いた。
 
 1945年8月20日。砲撃と爆撃は止まず、多くの人々が犠牲となっていた。網走まで逃げたてつと子供達は内地へ向かう小笠原丸に乗船することができたものの、潜水艦から魚雷攻撃を受けてしまう。
 
 てつたちは海に投げ出され、長男はそのまま波に飲まれ姿を消す。てつは次男とともに救助され、なんとか内地へたどり着くことができたが、そこで待っていたのは貧困に苦しむ壮絶な日々だった。
 
 てつは闇米屋を仕切る菅原信治(佐藤浩市)と部下の岩木(毎熊克哉)と出会ったことで仕事を手伝うことにし、親子で警察の目を逃れ闇米を運ぶ日々が始まった。
 
 偶然にも山岡が地元の警官となっており、咎められても難を逃れることができた。てつは貧しい中でも子供に精一杯の愛情を注ぎ、強くたくましく育て上げていく。
 
 それから数年後、シベリアで抑留されていた徳次郎が死亡したとの知らせが届いた。
 
 そして、成長したてつの次男の修二郎(堺雅人)は優秀な成績を残し、単身アメリカへ留学することに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 滝田洋二郎
 

【出演俳優】

 吉永小百合
 堺雅人
 篠原涼子
 岸部一徳
 高島礼子
 永島敏行
 笑福亭鶴瓶
 中村雅俊
 安田顕
 野間口徹
 毎熊克哉
 土屋慶太
 阪本颯希
 菅原大吉
 螢雪次朗
 大出俊
 阿部寛
 佐藤浩市
 
 
 
★北の桜守★【clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・さ行

この記事に関連する記事一覧