【無料視聴】「素敵なダイナマイトスキャンダル」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「素敵なダイナマイトスキャンダル」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『素敵なダイナマイトスキャンダル』は2018年に公開された日本映画で、1970代から80年代にかけてサブカルチャーを牽引した雑誌編集者、末井昭の姿を描いた人間ドラマ。監督は『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬。出演は『きみの鳥はうたえる』や『ポルトの恋人たち~時の記憶』の柄本佑、『探偵はBARにいる3』の前田敦子、『生きてるだけで、愛。』の松重豊、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1955年。結核を患っていた富子(尾野真千子)は自暴自棄になり、重吉(村上淳)という夫と幼い息子がありながら近所の若い男と不倫していた。最後は自暴自棄になり、重吉が仕事で使うダイナマイトを盗み出し、爆発心中をしてしまう。
 
 それから10年経過した1966年。成長した富子の息子、末井昭(柄本佑)は、田舎を出て大阪で工場の仕事に就くことになる。しかし、あまりに厳しい社風に根をあげ、3ヶ月で退社してしまう。
 
 昭は川崎まで出稼ぎしている重吉を頼って同居を始めるが、だらしない性格の父にうんざりし再び家を出て行く。やりたいことを探す昭は、デザイン学校のポスターを目にしたことで興味を持ち、デザインを学び始める。
 
 そして、下宿先で同年代の女子、牧子(前田敦子)と出会い、付き合い始めることになる。
 
 1969年、昭は、デザイン学校を卒業し、就職する。そこで気の合う同僚、近松(峯田和伸)と意気投合し、仕事に打ち込んでいく。いつしか昭にとって爆発死した母のエピソードは、自分を売り込むための常套句になっていた。
  
 そんなある日、彼は、依頼を受けてキャバレーのポスターを手がけるも、攻めすぎたデザインにクレームが入り、理解されない苦しみから職場を飛び出してしまうのだった。
 
 それから2年後、1971年。昭は風俗店の看板を手がけたことでアダルト業界から注目され、雑誌のイラストを任されることになり、そこで昭のクリエイティビティに火がつき、評判を集めていく。
 
 そして、1975年、昭はついに自身の雑誌、『NEW self』を創刊することになるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 冨永昌敬
 

【出演俳優】

 柄本佑
 前田敦子
 三浦透子
 峯田和伸
 松重豊
 村上淳
 尾野真千子
 中島歩
 落合モトキ
 木嶋のりこ
 瑞乃サリー
 政岡泰志
 菊地成孔
 島本慶
 若葉竜也
 嶋田久作
 
 
 
★素敵なダイナマイトスキャンダル★【9tsu】
★素敵なダイナマイトスキャンダル★【openload】
★素敵なダイナマイトスキャンダル★【openload】
★素敵なダイナマイトスキャンダル★【clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・さ行

この記事に関連する記事一覧