【無料視聴】「ちょっと今から仕事やめてくる」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「ちょっと今から仕事やめてくる」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ちょっと今から仕事やめてくる』は、2017年に公開された日本映画。監督は『ソロモンの偽証』や『八日目の蝉』の成島出。第21回電撃小説大賞を受賞した北川恵海の同名小説を原作にして、幼馴馴染みを名乗るひとりの男性との出会いをきっかけにして、いわゆるブラック企業に勤め、心身ともに疲弊した青年が、自らの生き方を見つめ直し、再生を果たしていく姿を描いた人間ドラマ。主演は『無限の住人』で知られる福士蒼汰と『百瀬、こっちを向いて。』の工藤阿須加、共演は吉田鋼太郎など。コブクロが歌う主題歌の「心」もおススメ!

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 大学を卒業し、社会人一年目に入った青山隆(工藤阿須加)は、テレビから聞こえてくる仕事漬けの日々の歌を聞き、憂鬱になっていた。そんな彼もまた、就職によって仕事漬けの日々を送っていたのだ。
 
 実家を離れ、初めて始めた1人暮らしの部屋は、すでに散らかり放題の状態で、仕送りしてもらった食材もすでに痛み、虫が湧いている始末であったが、それでも隆は、支度をし、会社へ向かう。
 
 そんな隆が勤めているのは中堅の印刷会社、そこで彼は営業部に配属されていた。職場はいわゆるブラック企業だったが、就職に失敗してしまった隆に辞めるという選択の余地はなかった。
 
 遅刻をすれば罰金で、有給はもちろんナシ。「上司の声は神の声」、「心なんて捨てろ」が社訓の会社で、誰もが部長の山上(吉田鋼太郎)に怯えながら、生気のない目をしながら働いていた。
 
 そんな中、隆にとって、先輩である五十嵐(黒木華)は、常に成績が良く、部長の山上からも、金一封をもらい、皆の前で称えられていた。
 
 その一方で、隆は、営業成績が振るわず、いつも山上に怒鳴られ、書類の束で頭を叩かれていた。
 
 ひと月の残業時間は軽く150時間を超え、その全てがサービス残業という状況の中で、隆は1人オフィスに残り、ノルマ分の書類作成を続けていた。
 
 そんな中、母の容子(森口瑤子)から電話がかかってくる。だが忙しいと電話を切り、仕事を続けていく。
 
 終電間近にようやく仕事を終え、ふらふらとホームの線路際を歩く隆に、山上から着信が入った。
 
 隆の疲労も限界を超え、意識を失い、あわや線路上に転落しそうになりかけたとき、彼の体がホームに強く引き戻された。
 
 はっと我に返った隆に微笑みかけたのは、まったく見覚えがないものの、幼馴染を名乗るひとりの若者、ヤマモト(福士蒼汰)であった…。
 
 
 


 
 

【監督】

 成島出
 

【出演俳優】

 福士蒼汰
 工藤阿須加
 黒木華
 池田成志
 小池栄子
 吉田鋼太郎
 森口瑤子
 
 
 
★ちょっと今から仕事やめてくる★【9tsu.com】
★ちょっと今から仕事やめてくる★【openload】
★ちょっと今から仕事やめてくる★【openload】
★ちょっと今から仕事やめてくる★【vidoza.net】
★ちょっと今から仕事やめてくる★【vidoza.net】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!
     ↓    ↓    ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・た行

この記事に関連する記事一覧