【無料視聴】「天の茶助」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「天の茶助」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『天の茶助』は、2015年に公開された日本の映画。監督は『蟹工船』や『疾走』を手がけたSABU。天界から下界の人々のために人生のシナリオを書いていた天使が、ひとりの人間の少女に一目惚れし、人間界へと降り立って騒動を繰り広げる姿を描いたファンタジー・ドラマ。出演は『関ヶ原』や『聖の青春』の松山ケンイチ、『雨にゆれる女』の大野いと、『アウトレイジ 最終章』の大杉漣など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 天界。そこでは無数の天使たちが、下界の人々の人生を決めるべくシナリオの執筆に勤しんでいた。
 
 万物を主宰するのは「あのお方」で、まれに天使たちにお題を出して去っていく。新たに出されたお題は「斬新」だった。
 
 天使たちは斬新な人生とはどんなものかとさらに頭を悩ませていた。そんな中、天界でお茶くみとして働いていたのは早乙女茶助(松山ケンイチ)。彼は、机に向かう天使たちのため毎日お茶を汲む仕事をしていた。
 
 そんな茶助は、たまに天使たちからアドバイスを求められることもあり、茶助のアドバイスによってか書かれたシナリオによって、人間界では、若者たちは合コンの後カラオケに行くという流れが流行っていた。
 
 天使たちは、それぞれひとりの人間のシナリオを担当するが、人々はそれぞれが関わり合うため、他の天使のシナリオとの兼ね合いを考えて書かなければならない。
 
 ある日、茶助は、下界を見下ろしながら、トラウマがきっかけで喋れなくなってしまった少女、新城ユリ(大野いと)が気になっていた。
 
 しかし、全体のシナリオの流れが「斬新」となっていることもあり、ユリのその後の人生のシナリオは、彼女が振った康夫という男性(今野浩喜)が腹いせに彼女を車で撥ねた際、命を落とすという展開になっていた。
 
 そこで、茶助は、この展開を止め、ユリを助けるべく、下界に降りていった。
 
 天助が降りたのは、「エイサー祭り」真っ最中の沖縄。そこで、彼は、60歳のシナリオライター、種田潤一(大杉漣)と出会う。
 
 種田は、50歳まで役者を目指していたものの、うまくいかず、一度ホームレスとなり、現在は両親の営む骨董品店を継いでいた。ユリは、そんな種田の店の常連客だったのだ。
 
 そこで、茶助は、種田の力を借り、ユリの救出に挑むことした。
 
 ところが、茶助がユリの命を救うために奔走しているうち、しだいに茶助自身の壮絶な過去が明らかになっていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 SABU
 

【出演俳優】

 松山ケンイチ
 大野いと
 大杉漣
 伊勢谷友介
 田口浩正
 玉城ティナ
 オラキヲ
 今野浩喜
 RYO
 DJ KEIN
 山田親太朗
 寺島進
 I-VAN
 琉球トム・クルーズ
 
 
 
★天の茶助★【openload】
★天の茶助★【openload】
★天の茶助★【openload】
★天の茶助★【openload】
★天の茶助★【streamango】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・た行

この記事に関連する記事一覧