【無料視聴】「天使のいる図書館」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「天使のいる図書館」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『天使のいる図書館』は2017年に公開された日本映画で、奈良県の図書館を舞台に超合理主義の新人司書が一人の老婦人と出会い成長していく姿を描いたヒューマンドラマ。監督は『リュウグウノツカイ』のウエダアツシ。主演は『魔女の宅急便』や『ガールズ・ステップ』の小芝風花、相手役を『虹色デイズ』や『honey』の横浜流星が務めている。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 奈良県、葛城市。そこは自然と人々の暮らしが調和した美しい町。吉井さくら(小芝風花)は大学を卒業し、町の図書館で司書として働き始める。
 
 大きめのメガネがトレードマークのさくらは、超合理主義。知識が豊富で頭の回転が速いため、人の言葉を遮ってでも結論を急いでしまうことがたびたびあった。
 
 幼い子供から「王子様が出てくる本は?」と尋ねられればどこの国のものなのかと矢継ぎ早に聞き返し、「泣ける本を探していて」と尋ねられれば拷問の歴史の本を勧めてしまう。さくらは悪気があるわけではないのだが、どうしても人の気持ちに寄り添うことができなかった。
 
 館長の上嶋弘美(飯島順子)からは「さくらちゃんはずれてるところがあるから、勉強せんとね」と諭されてしまう。
 
 そんななか、彼女は図書館に毎日のように通う老婦人、芦高礼子(香川京子)から一枚の写真を見せられる。
 
 さくらは相手の気持ちを汲もうと思い、写真の場所へ連れて行ってあげることにした。
 
 すると礼子は翌日から別の写真を持って現れ、二人は写真に写る市内の名所を巡っていくことになる。
 
 さくらは礼子と交流するうち、閉じ込めていた自分の気持ちに気づく。
 
 それは大好きだった祖母を亡くしてしまったこと。そしてその際に涙を流せなかったという後悔だった。しだいに礼子の存在が祖母の代わりとなって彼女を癒していくようになる。
 
 一方、さくらは名所めぐりの最中、見知らぬ青年(横浜流星)につけられていることに気づくのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 ウエダアツシ
 

【出演俳優】

 小芝風花
 横浜流星
 森永悠希
 小牧芽美
 飯島順子
 吉川莉早
 籠谷さくら
 松田岳
 美智子
 内場勝則
 森本レオ
 香川京子
 
 
 
★天使のいる図書館★【eyny】
★天使のいる図書館★【eyny】
★天使のいる図書館★【eyny】
★天使のいる図書館★【vidoza】
★天使のいる図書館★【openload】
★天使のいる図書館★【9tsu.com】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・た行

この記事に関連する記事一覧