【無料視聴】「旅立ちの島唄 十五の春」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「旅立ちの島唄 十五の春」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『旅立ちの島唄 十五の春』は、2013年に公開された日本の映画。監督は『江ノ島プリズム』でも監督を務めた吉田康弘。これまでも『黄金を抱いて翔べ』などで脚本を務めてきた監督が書きおろしたオリジナルストーリーを基に、沖縄から東に360km離れた南大東島を舞台にして、高校に進学するために、島を出なければならないひとりの少女の葛藤と成長の姿を描いた人間ドラマ。出演は『グッモーエビアン!』の三吉彩花、『後妻業の女』の大竹しのぶなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 沖縄県の本島から東へ360kmの場所に位置する南大東島。この島へのアクセスは船しかなく、しかも接岸することができずにクレーンに乗って船を降りる必要があった。
 
 人口1300人余りの離島で暮らす15歳の中学生の仲里優奈(三吉彩花)は、サトウキビ畑を営む父親の利治(小林薫)と二人で暮らしていた。
 
 そんな彼女には、母親の明美(大竹しのぶ)と兄の正志(小久保寿人)と姉の美奈(早織)がいたが、明美と兄は、沖縄本島で生活しており、美奈も進学を機に島を離れていた。
 
 南大東島には高校が存在せず、進学する子供たちは、15歳の春には島を出ていかなければならなかったのだ。
 
 優奈は、島の民謡グループであるボロジノ娘に所属し、三線を習っていた。グループの子供達は、皆、家族のように親しく、お姉さんのような存在の優奈に年下の子供たちはとてもよく懐いていた。
 
 自分より一つ年上の先輩たちが島を出ていくのを見送った優奈は、一年後に迫った島からの旅立ちを思い、少し切なくなっていた。
 
 一方、子供たちを一人一人見送っていく利治は、寂しい想いを抱えながらも、島での暮らしを続けていた。
 
 ところが、ある日、姉の美奈が赤ん坊を連れて島に帰ってきた。夫である克也(若葉竜也)と別にひとり実家に戻ってきた彼女には何かあったと思われるが、そんな彼女は何の理由も告げず、実家で暮らし始める。
 
 そんな中、南大東島と隣接する北大東島との間で恒例となっているスポーツの親善試合が今年も行われることになる。
 
 この日を前に、優奈と親友のチーロ(山本舞子)は、浮足立っていた。北大東島に住む長身の青年である健斗(手島隆寛)がやって来るためであった。
 
 すると、この大会の日、優奈は健斗から住所を渡され、携帯電話を持たない二人の文通による遠距離恋愛が始まることになった。
 
 ところが、そんなある日、進学を決めた優奈の下に、健斗が進学せずに島に残るという噂を聞く。いてもたってもいられなかった彼女は、北大東島に向かい、健斗を訪ねるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 吉田康弘
 

【出演俳優】

 三吉彩花
 大竹しのぶ
 小林薫
 早織
 立石涼子
 山本舞子
 照喜名星那
 上原宗司
 手島隆寛
 小久保寿人
 日向丈
 松浦祐也
 若葉竜也
 ひーぷー
 普久原明
 
 
 
★旅立ちの島唄 十五の春★【openload】
★旅立ちの島唄 十五の春★【openload】
★旅立ちの島唄 十五の春★【streamango】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・た行

この記事に関連する記事一覧