【無料視聴】「日日是好日」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「日日是好日」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 「日日是好日」は、2018年に公開された日本映画。森下典子の同名の大人気エッセイを「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の大森立嗣が映画化。母親に勧められ、茶道教室へと通うことになった女子大生が、茶道の奥深さに触れることによって成長していく様を描いた人間ドラマ。出演は、「ビブリア古書堂の事件手帖」の黒木華、「深夜食堂」の多部未華子、先日惜しまれつつ亡くなった樹木希林、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 20歳になる女子大生の典子(黒木華)は、まじめでロジカルな考え方を持ちながらも、ややポンコツなところがあり、自分でも気になっていた。
 
 そんな彼女は、ある日、母親(郡山冬果)に勧められ、いとこの美智子(多部未華子)の誘いもあって、近所にある茶道教室に通うことを決意する。
 
 この茶道教室を営む武田先生(樹木希林)は、近所でも、ただ者ではないとの噂のあり、大きな家にひとりで暮らしていた。
 
 そして迎えた稽古の初日、美智子とともに武田先生の下を訪れた典子は、簡単に挨拶を済ませると、早速、稽古が開始されることになる。
 
 すると、典子と美智子のふたりは、これまでテレビでしか見てこなかった茶道に様々な奥深い作法があることを知る。
 
 まず、茶室に入るときには左足から入らなければならず、一畳の畳を6歩で歩くこと。
 
 そして、帛紗(ふくさ)さばき、ちり打ちと呼ばれる茶器を取り扱いをする際の帛紗の取り扱い方や茶筅の通し方、お茶を飲み干すときにはズズっという音をたてなければならないこと。
 
 彼女たちがこれまで抱いていた茶道のイメージ以上に意味の分からない所作の数々に、ふたりは戸惑っていた。
 
 その後、ふたりは、毎週土曜日にこの教室に通っていたが、大学卒業後、商社に就職した美智子は、就職を機に教室を訪れることが無くなっていた。
 
 一方、第一志望の出版社への就職に失敗し、他の出版社でアルバイトをしていた典子は、大学卒業後も、武田先生の下に通い続けていた。
 
 そして、典子が教室に通い始めて2年が経過しようとしたある日、典子は、この茶道の奥深さと、その奥に見える初めての景色を知ることになる…。
 
 
 


 
 

【監督】

 大森立嗣
 

【出演俳優】

 黒木華
 樹木希林
 多部未華子
 原田麻由
 川村紗也
 滝沢恵
 山下美月
 郡山冬果
 岡本智礼
 荒巻全紀
 南一恵
 鶴田真由
 鶴見辰吾
 
 
 
★日日是好日★【vstream】
★日日是好日★【vstream】
★日日是好日★【clipwatch】
★日日是好日★【vidoza.net】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・な行

この記事に関連する記事一覧