【無料視聴】「ぼくのおじさん」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「ぼくのおじさん」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ぼくのおじさん』は、2016年に公開された日本の映画。監督は『オーバー・フェンス』や『もらとりあむタマ子』など、良作を数多く手がける山下敦弘。小説家で医学博士でもあった北杜夫が、実体験をベースに書き上げた児童文学をベースにして、兄夫婦の家に居候をしている変わり者のおじさんに突如舞い込んだ見合い話と、これに巻き込まれ、翻弄される少年の姿を描いたコメディ・ドラマ。出演は『探偵はBARにいる』シリーズの松田龍平、『Miss ZOMBIE』の大西利空など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 ある日、小学生である春山雪男(大西利空)は、担任のみのり先生(戸田恵梨香)から学校のコンクールに出すための作文の課題を出されることになる。作文のテーマは「身近にいる大人について」というもの。
 
 雪男は、まず、父の定男(宮藤官九郎)と母の節子(寺島しのぶ)について書くことを考えたが、定男は公務員で面白みに欠け、節子もネタになりそうになかった。
 
 そこで、雪男は、彼の家に居候をしている父の弟のおじさん(松田龍平)を題材にすることにする。
 
 そんなおじさんは、大学の臨時講師をしているが、授業は週に一コマだけ。それ以外は家で漫画を読むのが日常で、基本的に怠け者で貧乏。そのうえ、ケチで凝ったいたずらが大好きだった。
 
 こうして、恰好の題材を見つけた雪男の作文の題名は『ぼくのおじさん』ということに決定した。
 
 それからというもの、雪男は、神田の古本屋へ出かけていくなど、おじさんとともに行動をともにするようになる。
 
 そんなある日、突如、おじさんに縁談が持ち上がることになる。それは、おじさんが苦手としている節子の姉の智子(キムラ緑子)の紹介によるものだった。
 
 おじさんは、このお見合いの話を断ることができず、青木伸介(戸次重幸)が営む和菓子屋で手土産を買うと、渋々と予定された場所へと向かった。
 
 ところが、予想外にも見合いの相手は、稲葉エリーという名の均整のとれた顔立ちの美しい女性(真木よう子)であった。
 
 当初は、この縁談話を断る予定であったおじさんは、予想外にも彼女に一目惚れしてしまう。
 
 ところが、おじさんは、お見合いの帰り際、エリーが、ハワイにある祖母の所有するコーヒー農園を継ぐためにハワイに帰るのだと聞かされる。
 
 おじさんは、もう一度エリーに会いたい一心で、自分もハワイに行こうとするが、無職に近いおじさんは、ハワイまでの旅行費用を持っていなかった。
 
 そこで、おじさんは、旅行資金を捻出するため、あれこれと金策を練り始めたのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 山下敦弘
 

【出演俳優】

 松田龍平
 真木よう子
 大西利空
 戸次重幸
 寺島しのぶ
 宮藤官九郎
 キムラ緑子
 銀粉蝶
 戸田恵梨香
 
 
 
★ぼくのおじさん★【openload】
★ぼくのおじさん★【openload】
★ぼくのおじさん★【streamango】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!
     ↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・は行

この記事に関連する記事一覧