【無料視聴】「ビブリア古書堂の事件手帖」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「ビブリア古書堂の事件手帖」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ビブリア古書堂の事件手帖』は、2018年に公開された日本映画。三上延の同名のミステリー小説を『しあわせのパン』の三島有紀子監督が映画化したもので、鎌倉の街の片隅で古書店を営むひとりの女性と、店を手伝うことになった青年が、太宰治の希少本といわれる『晩年』に隠された謎に迫っていく様子を描いたミステリー・ドラマ。出演は、『億男』の黒木華、『ちはやふる』シリーズの野村周平、『スマホを落としただけなのに』の成田凌、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 鎌倉の街の片隅に「ビブリア古書堂」という小さな古書店があったが、ある日、この古書店に五浦大輔という名のひとりの青年(野村周平)がやって来る。
 
 店を訪れた彼は、亡き祖母の遺品の中にあった夏目漱石の「それから」に記されている漱石のサインが本当のものかどうかを確かめたいということであった。
 
 店主の篠川栞子(黒木華)は、とても人見知りが激しい性格をしていたが、古書に関する知識には深く、大輔が持ってきた本を手にした彼女の口からは、この本に関する深い知識がとめどなく語られた。
 
 その鋭い観察力と豊富な知識、そしてこれらに基づく深い洞察力によって、栞子は、たちまち著書のサインの謎が解き明かされた謎と解き明かしたばかりか、この本には大輔の祖母が守った秘密が隠されていることを指摘する。
 
 これに深い感銘を受けた大輔は、過去のトラウマによって本を読むことができなくなっていたものの、栞子の下で働くことを決めた。
 
 こうして、大輔がビブリア古書堂で働き始めてからしばらくたったある日、栞子は、太宰治が書いた希少本の『晩年』に関し、見知らぬ男から脅迫されていることを彼に打ち明けた。
 
 その後、ふたりは、この人物の素性を探り、彼を追い始めることになるが、これには、大輔の人生を左右しかねない大きな秘密が隠されていた…。
 
 
 


 
 

【監督】

 三島有紀子
 

【出演俳優】

 黒木華
 野村周平
 成田凌
 夏帆
 東出昌大
 
 
 
★ビブリア古書堂の事件手帖★【openload】
★ビブリア古書堂の事件手帖★【clipwatch】
★ビブリア古書堂の事件手帖★【vidoza.net】
★ビブリア古書堂の事件手帖★【streamango】
★ビブリア古書堂の事件手帖★【streamango】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・は行

この記事に関連する記事一覧