【無料視聴】「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」は、2019年に公開された日本映画。宮川サトシの自伝エッセイ漫画を「セトウツミ」の大森立嗣が映画化。突然、母親のガン告知に動揺する主人公が、母親と過ごした日々と、彼を取り巻く人々との絆を描いた人間ドラマ。出演は、「愛しのアイリーン」の安田顕、「ピアノの森」の松下奈緒、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の村上淳、他。BEGINが歌う主題歌の「君の歌はワルツ」もおススメ!

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 2012年の春。宮川サトシ(安田顕)は、火葬場で最愛の母親の遺骨の前にたたずみ、小さい遺骨のかけらをそっとポケットにしまった。
 
 サトシが30代のころ、彼は漫画家になるという目標を持ちながらも、漫画を描くことをそっちのけで、知人と一緒に経営する塾の講師として働いていた。そんな彼は、まさか母親の明子(倍賞美津子)との永遠の別れがこんなにも早く訪れるとは考えたこともなかった。
 
 幼いころ病気がちであった彼は、強くて優しい母親の愛情にいつも救われていた。そんな母が、2年前の春、突然の胃がんを宣告される。
 
 「オレがいるから大丈夫だよ、お袋は必ず助かるから。」
 
 これまで母がサトシに掛けてきた言葉を、今度はサトシが母に呼び掛けていた。
 
 それからというもの、お百度参りや滝行から国産野菜でのジュース作りまで、彼は母親のためにできることはなんだってやった。そんな中、ついつい弱気になりがちなサトシを支えてくれたのは、恋人の真里(松下奈緒)であった。
 
 しかし、サトシや家族が見守る中、母親のガンは、どんどん進行していった。
 
 そして、サトシが母と別れてから1年が経過し、生きる気力を失っていた父の利明(石橋蓮司)と兄の祐一(村上淳)も、新しい生活を始めていた。そんな中、サトシの下に、母親からのサプライズの贈り物が届くことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 大森立嗣
 

【出演俳優】

 安田顕
 倍賞美津子
 松下奈緒
 
 
 
★母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。★【openload】
★母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。★【clipwatch】
★母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。★【verystream】
★母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。★【onlystream】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・は行

この記事に関連する記事一覧