【無料視聴】「氷菓」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「氷菓」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『氷菓』は、2017年に公開された日本の映画。監督は『リアル鬼ごっこ3』や『呪怨 黒い少女』などを手がけた安里麻里。米澤穂信によるミステリー小説を原作にして、何事にも深入りしたがらない古典部の少年が、好奇心旺盛でどんな話にも首を突っ込む少女とともに、33年前に学校で発生した事件と文集「氷菓」の謎に迫っていく姿を描いた学園ミステリー。出演は『羊と鋼の森』の山崎賢人、『巫女っちゃけん。』の広瀬アリス、『劇場版 零 ゼロ』の小島藤子など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 高校一年生の折木奉太郎(山崎賢人)は、「やらなくてもいいことはやらない」がモットーの省エネ男子。彼はこれまでの人生でも省エネを心がけ、必要のない課題には一切取り組むことはなかった。
 
 そんな彼は、この春から入学した神山高校でも、平穏な「灰色の生活」を続けるつもりだった。しかし、古典部が人数不足で廃部に追い込まれていることを知り、止む無く入部することになる。
 
 ある日、奉太郎が部室に向かうと、扉には鍵がかかっていた。すると、部室の中にはお嬢様の千反田える(広瀬アリス)の姿があった。彼女は、気になることがあると我慢できない性格で、どうやら古典部に興味を持ったようだった。
 
 そんな千反田は、内側から施錠できない部室になぜ鍵がかかっていたのか気になり、奉太郎に尋ねた。すると、彼は用務員が千反田に気づかず鍵をかけたのだと推理した。
 
 その後、千反田も古典部に入部することになり、その後奉太郎の旧友である伊原摩耶花(小島藤子)と福部里志(岡山天音)も加わり、古典部のメンバーは4人となる。摩耶花は毒舌女子であり、里志は雑学に長けていた。
 
 主だった活動内容のない古典部は、さしあたり迫っている学園祭『カンヤ祭』に向けての文集を作り始めることにした。そんな中、千反田は奉太郎にある相談を持ちかける。
 
 それは、約10年前に突如として姿を消した彼女の伯父が、彼女に残した言葉を思い出させて欲しいというものであった。
 
 一見すると無茶苦茶な依頼であったが、予想外にも、この調査は、やがて33年前に発生したひとつの事件へとつながっていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 安里麻里
 

【出演俳優】

 山崎賢人
 広瀬アリス
 小島藤子
 岡山天音
 本郷奏多
 
 
 
★氷菓★【9tsu】
★氷菓★【openload】
★氷菓★【openload】
★氷菓★【openload】
★氷菓★【vidoza.net】
★氷菓★【vidoza.net】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・は行

この記事に関連する記事一覧