【無料視聴】「舟を編む」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「舟を編む」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『舟を編む』は、2013年に公開された日本の映画。監督は『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石井裕也。三浦しをんの同名小説を原作にして、15年もの歳月を掛け、24万語を収録する大辞典を作り上げていく男性と彼を支える同僚や友人たちの姿を描いた人間ドラマ。無口で真面目な主人公に松田龍平、下宿先の管理人を宮崎あおいが演じる。同僚や先輩としてオダギリジョー、黒木華、小林薫らが出演している。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1995年。出版社の玄武書房。営業部で働く馬締光也(松田龍平)は、その名の通り真面目な性格。だがあまりにも実直で営業には向かず、自身でも向いていないと痛感していた。
 
 そんな中、編集部の片隅では新しい辞書「大渡海」の製作が進められていた。長い年数を必要とする辞書作り。これまで牽引してきた荒木公平(小林薫)も定年を迎えてしまう。
 
 荒木は、自身が辞める前に人員の補充をしたいと考え、西岡正志(オダギリジョー)とともに人選を進め、馬締に白羽の矢を立てた。
 
 いきなり辞書製作部に連れてこられた馬締は、当初、混乱していたが、松本千恵(八千草薫)の声掛けもあって異動を決める。
 
 こうして、馬締は辞書「大渡海」の製作に携わることになるが、「大渡海」は、古い辞書には載っていない新しい言葉を収集する必要があった。
 
 そこで、辞書の製作を引き継いだ馬締は、日常に潜む言葉を次々と書き留めていった。
 
 そんな馬締が住んでいたのは、昔ながらの下宿。これまで管理人はタケ(渡辺美佐子)が務めてきたが、歳のせいもあり続けるのが難しくなっていた。
 
 そこで、新たな管理人として呼ばれたのが彼女の孫である林香具矢(宮﨑あおい)だった。
 
 現在、香具矢は板前を目指し修行中の身で、料理の腕は抜群だった。
 
 女性慣れしていない馬締は、突然の若い女性管理人の出現に胸を大きく弾ませ、一目惚れしてしまう。
 
 そこで、馬締が西岡に相談すると、西岡は、面白がりながらもラブレターを書いてはどうかと提案した。
 
 これを聞いた馬締が書いてきたのは和紙に筆で書いた果し状のようなラブレターであった。
 
 職場の同僚たちは馬締らしくて良いということになったが、受け取った香具矢は面食らってしまう。
 
 一方、馬締が「大渡海」の製作を進めていた中、突然、社内には、方針変更によって辞書作りが中止になるという噂が流れる始めることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 石井裕也
 

【出演俳優】

 松田龍平
 宮﨑あおい
 波岡一喜
 森岡龍
 斎藤嘉樹
 オダギリジョー
 黒木華
 渡辺美佐子
 又吉直樹
 麻生久美子
 宇野祥平
 八千草薫
 小林薫
 加藤剛
 池脇千鶴
 鶴見辰吾
 伊佐山ひろ子
 
 
 
★舟を編む★【myvi.ru】
★舟を編む★【youtube】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・は行

この記事に関連する記事一覧