【無料視聴】「ママレード・ボーイ」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「ママレード・ボーイ」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ママレード・ボーイ』は2018年に公開された日本映画で、『りぼん』で連載され人気を呼んだ吉住渉の同名コミックを実写化した作品。親の都合で同棲することになった高校生カップルの姿を描くラブストーリー。監督は『ここは退屈迎えに来て』の廣木隆一。出演は『ういらぶ。』の桜井日奈子、『あのコの、トリコ。』の吉沢亮、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 女子高生の小石川光希(桜井日奈子)は、ある日突然、父、仁(筒井道隆)と母の留美(檀れい)から離婚を打ち明けられる。
 
 しかし、そんな2人に悲壮感はなく、なぜかやけに前向きだった。なんと光希の両親はハワイ旅行で知り合った同年代の夫婦、松浦要士(谷原章介)と千弥子(中山美穂)と意気投合し、パートナーを交換することが決まっており、しかも一つの家で一緒に暮らすのだという。
 
 そして彼女の前に、要士と千弥子の息子である遊(吉沢亮)が現れる。光希の同級生である遊は才色兼備のイケメンで、女子たち憧れの男子だった。
 
 こうして光希は両親の突飛なアイデアに巻き込まれ、生活を一変させることになる。
 
 慌てふためく彼女を前に、遊はあくまでクールな姿勢を崩さない。そんな態度に、光希は思わず「甘くて爽やかなママレードみたいなヤツだ」と思うのだった。
 
 光希は同棲生活について友人の秋月茗子(優希美青)に相談するものの、人気の遊と一緒に過ごせるなんて羨ましいと、真剣に取り合ってもらえない。一方、光希を中学時代から想っている須王銀太(佐藤大樹)は複雑な思いを抱えてしまう。
 
 光希は遊と共に暮らすなかで、これまでクールだと思っていた彼のマメで優しい一面を垣間見る。
 
 光希は母の留美から冗談めかして「好きになっちゃダメよ」と言われたものの、この時、すでに光希の気持ちは遊に傾いていた。
 
 そんな中、かつて遊と付き合っていた鈴木亜梨実(遠藤新菜)が再び姿を見せる。光希は銀太から告白を受け、気持ちが揺れ始めてしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 廣木隆一
 

【出演俳優】

 桜井日奈子
 吉沢亮
 筒井道隆
 谷原章介
 檀れい
 中山美穂
 佐藤大樹
 優希美青
 
 
 
★ママレード・ボーイ★【openload】
★ママレード・ボーイ★【openload】
★ママレード・ボーイ★【clipwatch】
★ママレード・ボーイ★【vidoza.net】
★ママレード・ボーイ★【9tsu.com】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・ま行

この記事に関連する記事一覧