【無料視聴】「モリのいる場所」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「モリのいる場所」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『モリのいる場所』は2018年に公開された日本映画で、30年間ひたすら動植物を描き続けた実在の画家、熊谷守一とその妻、秀子の生活を描いたヒューマンドラマ。監督は『モヒカン故郷に帰る』や『横道世之介』の沖田修一。出演は『祈りの幕が下りる時』の山崎努、惜しまれながらこの世を去った樹木希林、『3月のライオン』の加瀬亮、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1974年の東京。とある美術館で開かれた展示会を訪れた昭和天皇(林与一)は、そこに飾られた「伸餅」という絵を見て思わず「何歳の子が描いたのか」と付き人に質問する。
 
 ところが、この作品は94歳の画家、モリこと熊谷守一が手がけたものだった。
 
 モリは小さな庭のある一軒家で妻の秀子(樹木希林)と暮らしながら、庭にやってくる動植物をひたすら描き続けていた。気がつけば30年の間、彼が外へ出ることはほとんどなかった。
 
 そんなある日、モリを訪ねて長野で旅館「雲水館」を営む朝比奈(光石研)がやってくる。朝比奈はぜひ、旅館の看板をモリに描いて欲しいと申し出た。
 
 当初、モリは気が進まず、この依頼を断ってしまう。しかし、その後、彼は、はるばる遠くからやってきた朝比奈のことを考え、彼女の依頼を受けることにした。
 
 しかし、依頼されたのは「雲水館」という文字だったが、彼が描いたのは自身の座右の銘である「無一物」だった。
 
 モリと秀子の下には様々な人がやってくる。画商の荒木(きたろう)やモリの姪っ子で、美恵ちゃん(池谷のぶえ)、そしてなぜか家に入り込んでいた謎の男(三上博史)。モリの書いた文字は高く売れるため、表札が何者かによって盗まれることもしばしばだった。
 
 そんな中、モリの生活を取材するためにカメラマンの藤田(加瀬亮)とアシスタントの鹿島(吉村界人)が訪ねてくる。
 
 二人はモリの昆虫観察に付き合わされることになり、アリの歩き方を一緒に研究する。
 
 すると、そこに文部大臣(嶋田久作)から文化勲章の授与を知らせる電話がかかってくる。しかし、彼は電話に出ることなく、あっさりとこれを断ってしまった。
 
 そんな彼は、周囲の物差しにとらわれることなく、自らの絵を描き続けていたのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 沖田修一
 

【出演俳優】

 山﨑努
 樹木希林
 加瀬亮
 吉村界人
 光石研
 青木崇高
 吹越満
 池谷のぶえ
 きたろう
 林与一
 三上博史
 
 
 
★モリのいる場所★【dnvod】
★モリのいる場所★【openload】
★モリのいる場所★【clipwatch】
★モリのいる場所★【clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・ま行

この記事に関連する記事一覧