【無料視聴】「耳をすませば」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「耳をすませば」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『耳をすませば』は、1995年に公開された日本のアニメ映画で、柊あおいの同名コミックを原作に読書好きな少女がとあるきっかけでヴァイオリン職人を目指す少年と出会い恋に落ちる青春ドラマ。スタジオジブリの作品で、監督は『もののけ姫』で作画監督を務めた近藤喜文。声の出演は『プリキュア』シリーズの本名陽子、『九月の恋と出会うまで』の高橋一生、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 東京の多摩市、聖蹟桜ヶ丘で暮らす月島雫(声:本名陽子)は読書が大好きな中学三年生であった。
 
 彼女は、父(声:立花隆)が働く私立図書館に通い、気になった本をかたっぱしから読み進めていた。雫の本好きには親友の原田夕子(声:佳山麻衣子)も呆れるほどだった。
 
 そんなある日、彼女は借りた本の図書カードに、共通の名前があることに気づく。それは「天沢聖司」という名前だった。
 
 雫は、彼女が借りた本の全て「天沢聖司」の名前があることに驚き、一体どんな人なのかと気になっていた。
 
 そして、周囲が受験や恋に夢中になる中、彼女は大好きな小説の世界にのめり込んでいた。
 
 ある時、雫が夕子とともに「カントリーロード」の和訳を考えていると、偶然、通りかかった同級生の男子(声:高橋一生)に馬鹿にされてしまう。彼女はそれにひどく腹を立てるが、この男子こそ、「天沢聖司」その人だった。
 
 それから数日後、雫は電車に乗ってきた不思議な猫の後をつけ、アンティークショップ「地球屋」へたどり着く。そこは店主の西司朗(声:小林桂樹)が世界中から買い付けてきた品々であふれていた。
 
 雫は店内を見渡し、そこに佇んでいた燕尾服を着た黒猫の人形の「バロン」に興味を持った。すると、西はかつて「バロン」に魅せられ、手元に置くことになったエピソードを語って聞かせた。
 
 やがて、彼女は「地球屋」が気に入り通うようになるが、ある日、そこで、かつて彼女を馬鹿にした同級生の男子に聖司と再会する。
 
 ここで、雫は、彼が「天沢聖司」だということ、そして西の孫であることを知り、ひどく驚いた。聖司はバイオリン職人を目指し、店の地下室で修行する身であった。
 
 その後、雫は聖司のひたむきな姿を目の当たりにし、少しずつ彼に惹かれていくのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 近藤喜文
 

【出演声優】

 本名陽子
 高橋一生
 立花隆
 室井滋
 露口茂
 小林桂樹
 
 
 
★耳をすませば★【9tsu】
★耳をすませば★【mp4up】
★耳をすませば★【miomio】
★耳をすませば★【openload】
★耳をすませば★【rapidvideo】
★耳をすませば★【streamango】
★耳をすませば★【kissanime】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :

無料動画・ま行

この記事に関連する記事一覧