【無料視聴】「ユリゴコロ」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「ユリゴコロ」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ユリゴコロ』は、2017年に公開された日本の映画。監督は『心が叫びたがってるんだ。』や『君に届け』で知られる熊澤尚人。イヤミスの女王と言われる"沼田まほかる"の小説を原作にして、余命わずかな父親の書斎で殺人者による手記を発見した青年が、この恐ろしい殺人事件の真相に迫っていく姿を描いたサスペンス・ミステリー。出演は『真夏の方程式』の吉高由里子、『孤狼の血』の松坂桃李、『聖の青春』の松山ケンイチなど。主題歌の「ミチシルベ」もおススメ!

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 山奥で喫茶店を営む青年の亮介(松坂桃李)は、結婚を間近に控えた恋人の千絵(清野菜名)と同棲をしながら幸せに暮らしていた。
 
 ところが、ある日、千絵は忽然と姿を消してしまう。この日以降、店からは客足が遠のきはじめ、経営は日に日に苦しくなっていった。
 
 さらに、男手一つで彼を育ててくれた父親が癌になったという知らせも入り、亮介はしだいに精神的に追い込まれていく。
 
 そんな中、彼は実家の押入れから一冊のノートを見つける。表紙には「ユリゴコロ」と書かれていた。
 
 このノートには、自らを「殺人者」というひとりの女性、美紗子(吉高由里子)の後悔すべき以下の想いが綴られていた。
 
 「ユリゴコロ」とは、誰もが持っている心の拠りどころだが、美紗子にはこれがないという。
 
 彼女は、幼い頃から無口で感情を表そうとしなかった。そればかりか、友人を池に突き落として溺死させてしまい、この時、彼女は初めて快感を覚えたと記されていた。
 
 やがて中学生になった美紗子(清原果耶)は、さらに事故に見せかけた殺人を行い、自らの気持ちを確かめていった。
 
 その後調理専門学校へ進んだ美沙子は、ここで初めて友人らしい関係を築くことなる、みつ子(佐津川愛美)と出会う。
 
 そんなみつ子は精神を病んでおり、自傷癖があった。知り合った当初、みつ子に対して親しさを感じていた美紗子だが、結局、彼女はみつ子までも殺してしまった。
 
 これら一連の自分の行動を振り返った美紗子は、自分が生きていく上での心の拠り所は、「人を殺すこと」にあると確信するに至る。
 
 期せずして発見した衝撃的な告白が記された手記を読みながらも、亮介は、なぜか美沙子に対し心惹かれていくものがあった。
 
 恋人が消息を絶った大きな悲しみの中、創作とは思えない衝撃的な内容の手記を目にし、亮介は激しく混乱をしていた。
 
 そんな中、まるでタイミングを合わせたかのように、かつての千絵の同僚だったという細谷と名乗る女性(木村多江)が亮介を訪ねてくることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 熊澤尚人
 

【出演俳優】

 吉高由里子
 松坂桃李
 松山ケンイチ
 佐津川愛美
 清野菜名
 清原果耶
 木村多江
 
 
 
★ユリゴコロ★【openload】
★ユリゴコロ★【vidoza.net】
★ユリゴコロ★【vidoza.net】
★ユリゴコロ★【streamango】
★ユリゴコロ★【streamango】
★ユリゴコロ★【streamango】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :    

無料動画・や行

この記事に関連する記事一覧