【無料視聴】「ALWAYS 三丁目の夕日」の動画を見る方法!

YouTube無料映画館・ おすすめの邦画を無料で観る方法!

【無料視聴】「ALWAYS 三丁目の夕日」の動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ALWAYS 三丁目の夕日』は、2005年に公開された日本の映画。監督は『寄生獣』や『海賊とよばれた男』の山崎貴。古き良き時代をノスタルジックに描いた西岸良平の同名コミックを原作にして、昭和30年代の東京の下町に住むとある家族の心温まる物語を描いた人間ドラマ。出演は『追憶』の吉岡秀隆、『本能寺ホテル』の堤真一、『杉原千畝 スギハラチウネ』の小雪など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 昭和33年の東京。高度経済成長期の真っ只中、東京に住む人々は活気立っており、そんな中でも、建設中の東京タワーは、誰もがその完成を心待ちにしていた。
 
 東京の下町、夕日町三丁目に集団就職でやってきた星野六子(堀北真希)は、就職先である「鈴木オート」に大いに期待していた。
 
 しかし、実際に出社してみると会社は小さく、大企業だと思い込んでいた六子はがっかりしてしまう。
 
 「鈴木オート」では、住宅と作業場がつながっており、作業場の裏に面する住宅には社長の鈴木則文(堤真一)と妻のトモエ(薬師丸ひろ子)、息子の一平(小清水一揮)が暮らしていた。
 
 則文は、気が短いが懐の深い男で、自分の手で立ち上げた会社に誇りを持っていた。トモエは気の利く性格で、則文を助けていた。
 
 そして、鈴木オートで働くようになった六子は「ロクちゃん」と呼ばれるようになり、彼らと同じ住居に住み込みで働くことになる。
 
 鈴木オートの向かいにある駄菓子屋には、駆け出しの作家の茶川竜之介(吉岡秀隆)がいた。
 
 彼は、片思いをしている女将の石崎ヒロミ(小雪)に頼まれ、身寄りのない少年、古行淳之介(須賀健太)の世話を引き受けることになる。
 
 当初、淳之介の存在に戸惑っていた茶川だったが、淳之介が、自身が連載している「少年冒険団」のファンと知り、しだいに打ち解けていく。
 
 そして、やってきた次の夏。鈴木家には当時ではまだ珍しかったテレビが置かれたことで、近所からも多くの人が集まっていた。
 
 そんな中、茶川は、連載中の小説のアイデアが出ず困り果てていた。そんな彼は、ふと淳之介が持ち歩いているノートを開く。すると、そこには淳之介が考えたストーリーやネタが書き込まれていた。
 
 これを見た茶川は、いけないとわかりつつも、彼のアイデアを拝借し、連載を進めていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 山崎貴
 

【出演俳優】

 吉岡秀隆
 須賀健太
 小清水一揮
 堤真一
 薬師丸ひろ子
 小雪
 堀北真希
 三浦友和
 もたいまさこ
 小日向文世
 益岡徹
 マギー
 温水洋一
 神戸浩
 飯田基祐
 小木茂光
 石丸謙二郎
 奥貫薫
 麻木久仁子
 ピエール瀧
 木村祐一
 松尾貴史
 羽鳥慎一
 おかやまはじめ
 永堀剛敏
 村松利史
 鈴木浩介
 島津健太郎
 岡田薫
 森林恵理奈
 中浜奈美子
 高橋征也
 持丸加賀
 重本愛瑠
 中西台次
 白川ゆり
 桐山靖
 野々目良子
 前田こうしん
 吉田弘一
 岩手太郎
 北風寿則
 谷口大悟
 今野ひろみ
 志水恵美子
 大久保美輝
 志生野温夫
 阿部宏
 
 
 
★ALWAYS 三丁目の夕日★【vimeo】
★ALWAYS 三丁目の夕日★【openload】
★ALWAYS 三丁目の夕日★【vidoza.net】
★ALWAYS 三丁目の夕日★【streaman】
 
 
 

【無料動画視聴の注意点】

 リンク先でエラー表示が出る場合には、下記を参照してみてね!

↓     ↓     ↓

★無料動画視聴の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

タグ :

無料動画・英数字

この記事に関連する記事一覧